ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火なんかよりももっとすごい“富士総合火力演習”

昨年の話です。

実は、とある筋からチケットを頂きまして、初めて“富士総合火力演習”に行ってきたんですよ!

soukaen.jpg

富士総合火力演習とは?は、毎度のごとくwikiで完結にまとめられているので引用っす


富士総合火力演習(ふじそうごうかりょくえんしゅう)は、
陸上自衛隊の演習のひとつ。静岡県御殿場市の東富士演習場畑岡地区で実施される。総火演(そうかえん)と略される。陸上自衛隊富士学校の生徒に火力戦闘の様相を認識させる目的で1961年(昭和36年)から開始された。1966年(昭和41年)以降は自衛隊に対する国民の理解を深める目的で一般公開を行っている。


もっとも、国民への理解を深める目的とともに、近隣諸国に対して、
『ウチの国と戦うことはワリにあわへんで!』という威嚇目的もあるみたいですね。

さて、

ポスターだけを見れば、キワモノのように思われる人もいるかもしれないけれど、ところがどっこい、

実際のところ、ファミリー、カップル、友人同士、etc.etc....


もう普通のお祭りなんです。そして、駐車場付のチケットの抽選倍率は約200倍、そうでないチケットも含めた平均倍率でも約28倍。

それほどの超・超・プレミアム・イベントなわけです!!(力説!)

↓08年のものがyoutubeにありましたので、雰囲気の参考までに




演目は割愛して説明しますけど、

・戦車の一斉砲撃、

・ヘリコ舞台の一斉射撃、

・地上25mくらいでホバリング中のヘリコからのラペリング(ロープ降下のこと)

・誘導ミサイルに、戦闘機による模擬爆撃

もう、、、たまらん。。。。

初めてなので、その音の大きさにビビリっぱなしだったんですけど(真下で見る花火も、その比ではありません)、


アナウンスで

次は物凄く大きな音が響きますので、心臓の弱い方は耳をふさいでおいてください

的な内容が放送されて、

1.観客がざわつき始める。
2.爆音砲撃
3.砲撃後歓声が上がるかと思いきや、あまりの音のでかさと、その恐怖に
  会場『シーン・・・・』


群集黙らす程のでかい音って・・・・


と、まあ、そんな感じで終始楽しかったし、あと、コレは本当に思うけど、自衛隊すごい!と感動せざるを得なかった。

国民としては、もちろん無いにこしたことは無いけど、いざ、有事の際でも自衛隊がおるから・・・・と思わせてくれる勇猛ぶりな演習には『アッパレ』と言いたくなったのです。



いやぁ今年も行くぞ!



スポンサーサイト

幽玄・夢幻 『能 と 狂言』

KANNZE.jpg

これにて、一度は見てみたいと思っていた伝統芸能をようやくコンプりート。

先日ですが、ようやく、能、狂言を見に行けました。
職場関係でチケットが回ってきまして、ラッキーでした。

僕が見に行った流派は観世流ですが、この観世流の家系というのが、驚きで、観阿弥、世阿弥の延々と続く一族の流派なんですね。ここらへんは興味ある方はwikiで調べてみると良いでしょう。


さてさて、実際見た感じはどうだったかといえば


実は、寝ては起きては寝ては起きてはの繰り返しでした。
コレが夢幻の世界か!?

まあ冗談はさておき、退屈だとか、つまらないということではなく、感想としては「美しくて不思議」という印象が第一なので、夢幻の世界だとか幽玄の世界という表現は正しいですよね。



寝てしまったことについては、知らない人は知らないのでしょうが、昼1時から始まった演舞は舞・能・狂言とある様々なプログラムが全て終えるのは夕方5時。

初体験の僕がなれないから眠くなるだけで、周りの人はちゃんとしているんだろうな・・・と思いきや周囲の人達も寝たり起きたりの繰り返しでした。
誘っていただいた人に聞いてみると、曰く『そういうもの』とのこと^^

ユネスコ無形文化遺産であるというのは最近知った事実なんですが、所作、動作の一つ一つはすごく美しいんですね。とまる動作、歩く動作、そして周りの囃子の不思議な調和。まさに夢幻の世界かと。

一番“ナカのイチ”が気に入ったのは『舞』でした。
ストーリーにとらわれることなく、存分にその所作の美しさが抜粋されているものですから、さすがにこのときばかりは目を奪われて一切眠くなりませんでした。本当に美しかった。

これは試しに、見ている動作を自分でやることを想像してみたら、相当に奥が深いのが良くわかると思いますよ。


 
また見たい!!と思いましたよ。歌舞伎の安いチケットと比較したら少し高いんですけどね。
僕は一年に一度は見れたら良い感じです。


あと、
伝統芸能・・・というか、鶴瓶の落語は実は見たい。
『落語』じゃなくて『鶴瓶』の落語です^^
※“鶴瓶”って生まれて初めて文字入力したかも。一発変換出来なかったので“つる”“びん”で変換しましたよw

“屋久島vol.3”  『縄文杉』先輩を見に行く

IMGP5779.jpg


IMGP5753.jpg



ついに待ちに待った今回の旅の目的である、『この世』の大先輩である『縄文杉』先輩へのトレッキングの日である。

なにせこの先輩はどれくらいの先輩かといえば、僕より約7千年以上年上と噂される、まさに『この世』の大先輩。輪廻転生というものがあったとしても、僕がこの先輩に追いつくには何回一生を繰り返せば良いかよくわからないという。


前日の日記の通り、この日も朝4時起き。
もう三日連続なので慣れた。どうでもいい。

早速レンタカーで安房の登山口バス乗り場にむかってGO!!!なんだけど、こんな朝早く出たにも関わらず、すでに一番バス停に近い駐車場は埋まっていて、結局その一つ前の駐車場に入れました。そんな時間ロスで、時間ギリギリの6時乗車に。。。。もちろん理由はバスに乗るための大行列だからです。つくづくレンタカーを確保できたのは運が良かったと思っているけど、なんとなく嫌な予感がしてきた。。。

いざトレッキングですけど、このコースの片道は先ず2時間ほどのトロッコ道を歩いた後に2時間本格的な勾配の急なトレッキングコースになります。だから縄文杉での往復目安は往復8時間ぐらい。

我々はというと、屋久島3回目の(仮)山男はすでに感動も無く、体力に不安があるもう一人は歩くのに精一杯(※意識朦朧状態)。結局僕一人で『うお!?あれ凄い!!』『なんだアレ???』『めっちゃ景色いいやん!!!』とかはしゃいでいる状態。

しかし、人が多い。。。ベルトコンベアのように人が続いてくるので、おちおち写真を撮るためにも立ち止まれないような状況。
それもそのはず。
あとから小耳にはさんだんだけど、実はこの日、過去最高の入山人数らしくて、それまで最高はGWの1000人らしいが、今日は1300人。多分実際はもっと多い。

なんしか、せわしないのです。

トロッコ道が終わり、いざ、本格的なトレッキングへ!!
予想していた以上にきついトレッキングだった。なんせ途中で歩けなくなくなって引き返す人や、足を痛めてガイドに背負われている人。これは正直金をもらっているとはいえガイドさんに同情。
でも、それくらい人によってはキツイ道のり。

だけど、この人数!!!!みたいな。

あまりの人の多さに、昨日の鬼人のようなペースを発揮することもできず、予定時間を大幅に遅れ
縄文杉先輩の近くまで来て見ると、こんな山奥でなぜか行列??


そう、縄文杉先輩を拝むためのの行列。嘘だろ??

ちなみに、人の多さばかり強調しましたが、ここのコースは凄い景色でした。定番の『大王杉』、『ウィルソン株』、『夫婦杉』は当然だけど、全てが企画外の森。俺本当の原生林見たの初めてかもと思っちゃいました。日本人で生まれたなら、海外に行くよりも先ずソレよりも身近(?)にある『屋久島』見といた方がいいんじゃなかろうか・・・と本気で思った。

※縄文杉の感想は『続き』書きます。


縄文杉に感動して、あとは帰路につくだけですが、ココまでの道のりの大変さを考えると、また気合を引き締めなおさないといけない。人が多いのそうなんだが、そもそも本当に想像以上にハードな道のりですよ!!

帰路は行きよりも人が少なくて(※へたっている人が多いため)、ずいぶん楽になったが

それでも往復10時間。普通で8時間(※40代の山歩き慣れした人基準)で、僕の当初の目標は写真を撮りまくって道草しまくって8時間で行きたかった。が結局この時間である。全ては人の多さが原因。俺次行くとしても確実に連休はずすつもり。


16時に下山してあわてて温泉入りにいきました。なんせ、登山していたひとは皆同じこと考えていそうで怖いから。

さすがにヘトヘトだったので、今日は宿に泊まろうと思ったんだけど、案の定そんな宿がこの時期あるわけでなく再びテント泊に。女の子がいなくてつくづく良かった。確実に別れられそう。逆に中高同級生組だからそれでもテンション高くて楽しいんだけどね。


明日はシーカヤック!なにより嬉しいの7時起きで良いということw
コレが4時おきだったらさすがに死んでいたかも。









続きを読む »

“屋久島vol.2”  そして強行軍

9月20日

mononoke.jpg



昨日の作戦通り、朝4時起き。
いざフェリー乗り場に向かわんとタクシーに飛び乗る。

フェリー乗り場に午前5時着。も、なんと既に大行列!

うわ・・・・やばかった。なんとか人数的にはフェリーには確実に乗れそうな予感がするトコロで並ぶことが出来た。しかし朝4時起きで良かった。
ちなみに前日も朝4時起きなんで、二日連続4時起きです。さすがに辛い。


一人旅じゃないメリットをモロに感じたのは、自分の荷物を他の同行者に見張ってもらいながら自由行動が互いに出来ること。本当にコレは楽。

というわけで、フェリーに乗ること、4時間かけて屋久島に行くことが出来ました。
鹿児島~屋久島間で遠くに、一人乗りヨット見たんですけど、あれはすごかった。
海の冒険者ってすごいですよね。


さて、屋久島!!!はるばる来たぜ!!!

陸路で移動してきたことを考えたら感慨もひとしお。列車8時間。フェリー4時間だから、片道12時間の陸路です。

以前の会社の出向で一時期沖縄にいたこともあり、南国な雰囲気には慣れていたので、驚きむしろ懐かしい感じ。ついた瞬間、思わず『また沖縄行かないとなぁ~』って実は思ってしまいましたw

また、今回の旅はトラブルとの激しい戦いの連続でした。原因は認識の甘かった我々にあるのが殆どなのですが・・・。


先ず第一のトラブルは
レンタカーが無い!!

無いといえば誤解を産むので、正確には“空きが無い”。
業者い6社くらいに当たってみても、全てが『ありません』。

そらシルバーウィークだからねぇ。。。
なぜ予約しなかったのかというと、それは予約に疲れていたから^^

旅行の前段階から、屋久島までの交通機関の往復予約に四苦八苦していて、正直予約作業に辟易していたので、もうあとは現地でどうにかしてやるワイ!!と思っていたのでした。
なもんで、当然宿も予約していないんですな。ここもまた後述。

で、件のレンタカー問題はメンバー一人の活躍により2日間借りることが出来ました。

実はメンバーの一人に屋久島3回目の山男がおりまして、



ちょっと山男を紹介
・身長160未満。
・ありえないムキムキ筋肉質、
・“小っちゃいチャック・ウィルソン”と呼ばれる日本人離れした顔面
・屋久島で急病のガイドさんを救出して警察から表彰状もらったことも
・山で熊に遭遇して、“森の熊さん”を歌いながら脱出
そう、コイツがいるから・・・・というのが今回の旅の安心感です。なんせガイドもかねてるし^^
ちなみに今回のメンバーは中・高同級生組です。遠慮なんてノックは無用の世界。お互いがお互いに遠慮なく厳しく、時には笑いありでガンガンいける熱い関係です。



タクシー会社だけど実はレンタカーも扱っているというお店を知っていて、そんな穴場に当たってみたら、ズバリヒットでラスト1台を確保。
ちなみに宿は、(山男が)テント持参だったので、キャンプすることに決定ですwもう宿をあたる気力は残っていなかった^^


屋久島初日にしてかなりヘロヘロになったんですけど、落ち着いたところで、プランをよくよく整理してみると・・・・・

第二トラブル発生

実は、翌日の縄文杉までのルートは、2つある一般的なルートの一つ

白谷雲水峡~縄文杉

で考えていたんですけど、これが、往復10時間を越えそうなルートで、毎日ランニングしている僕“ナカのイチ”および(仮)山男は目標8時間だったんだけど、もう一人が体力的にやばそうで・・・ということになり、急遽、翌日の登山ルートを変更することに。

となると、実は、翌日の『荒川登山口→ 縄文杉』では、白谷雲水峡からのルートでは見ることの出来た、
“もののけの森”を見れない!!!

ということに気がついて、急遽島内一周をキャンセルして、“もののけの森”の往復トレッキングを強行することに。

通常、往復5時間のコースを3時間を切って往復したことから、いかに強行軍であったことか容易に想像できる程の強行軍。急がなければいけなかった理由はゲートが閉じて山から車で下りることができなくなってしまうから。

はっきり行って、早歩きどころか、小走りでした。

“もののけの森”の感想は下の『続き』を読んでください♪


宿泊はキャンプ場でテント泊。
晩飯はバーベキューという、徐々に野生じみた旅になってきたなぁ・・・と実感。


星が綺麗な夜だったのである。

さて、明日は縄文杉へ向かうため、荒川登山口に行くわけですが、荒川登山口は連絡バス以外で行くことは禁じられているんですね。6時のバスに乗ることを考えて、行列も出来ていることを考えて、

考えて・・・考えて・・・・・考えて・・・・・・・考えて・・・・・・・


朝4時起き。






















続きを読む »

“屋久島vol.1”  は~ぁ~るばる行くぜぇ♪屋久島ぁ~♪

華のシルバーウィーク。

本当はカンボジアに行きたかったと言えば“元も子もない”話なんだけど、それはまた旅の総括と共に後日談で。 

でも、後日談でも書きますけど、屋久島最高!はまったなぁ・・・・。これは人生に一度は行ってみるもんですよ!!
ではでは日記形式でお楽しみください♪




今日は陸路(新幹線)で東京から鹿児島まで行くことになった。

鹿児島01



しかも、始発(自由席)!

なぜなら9月も第一週を過ぎたころから動き始めた今回のプロジェクト。
そりゃあね。しかたがないわと。(※詳しくは後日談で)

しかたがないから自由席。気合が入る。

というわけで友人と共にお互い朝4時におきて東京駅で待ち合わせ。
もっとも前日は有給をとって休養・準備の予備日に充てていたので、まぁ眠くはない。

でもさすが連休初日。行列^^ 

ともあれ席を2席確保することができて、ほっと胸をなでおろして、とりあえず福岡までは座っていけることになったわけだ。

大阪から一人合流して計3人の旅になるけど、大阪合流君とは現地鹿児島集合。

いや~・・・それにしても東京~鹿児島陸路移動というのは狂気の沙汰かも。

じつはその直前にボツになった案で、東京からレンタカー借りて大阪で一人拾って鹿児島に行くというのがあって、

ありえない!!!と強く一括して却下しました。冷静に諭しましたよ。。。
『う~ん。メリットは交通費が安いことだね。いいかもね。』
『でもね。デメリットは死ぬ可能性がある。』

三人スカイプで打ち合わせしてましたがデメリットがひどすぎて3人爆笑。

だって、車での移動は、東京から大阪まで8時間。さらに大阪から鹿児島まで8時間。大阪合流君はまだいいかも知れないけど、東京から行く2人はどちらかが睡眠不足で交通事故の危険もあります。
しかも、その意見を挙げたヤツが同じく僕と同じく東京発だったので、オイオイ・・・・と。

ここで旅の予定をおさらい。

19日:鹿児島泊。
20日:屋久島に移動。一日島内レンタカードライブ。あんどキャンプ。温泉にも行く。
21日:トレッキング。いざ縄文杉へ!!
22日:レジャー日。シーカヤック!!&シュノーケリング!!!
23日:屋久島からそれぞれの帰路へ・・・


さてこの予定が、大枠はかわらないもののこれからガラガラと崩れていくことになるとはこの時点で思いもよらないわけで。 それはまた後ほど。

そんなこんなもあり、何とか鹿児島に到着。ざっくり8時間ほど。

初日は鹿児島プチ観光して、黒豚料理くって、鹿児島焼酎のんで、英気を養って翌日は予約した高速船に乗って屋久島に行く予定をしていたんだけど、ここで、落とし穴。

友人に一通のメールが来たので見てみると、

なんと高速船会社からのメールで、内容が
『明日予定していた高速船が、台風および、海上にうかんでいる流木の影響で欠航します』

とのこと。ちなみにこれは ローカルニュースで放送されてました。

結局、行きの高速船代は払い戻しされるとのことだったけど、そもそも屋久島にいけなかったら今回の旅は意味がないわけで。

結局方針としては、翌朝出る事前予約不可のフェリーで屋久島に行くことに。
フェリー乗り場の下見と状況把握のために、現地に言ってみると警備員のおじさんに話しを聞いてみる。

『乗り場があくのは朝7時だけど、おそらく並び始めるのは6時からかも。万全を期すならもっと早くから並ぶことをお勧めするよ。』

とのこと。

その場を後にして、3人で相談した結果、6時から並ぶという他の2人を説得して4時起きで、5時には並ぶことを了承してもらう。

そんなこんなで不安を抱えながら、黒豚食べて、焼酎飲んで、お風呂使って、まあ初日は無難に満喫。

ちなみに宿はドミトリーのゲストハウスです。う~ん。ここらへんが、今後の旅を暗示させる、させる。


そんこんなで初日は終了です。














































和は話にして、禅は善に通ず(?)

久々更新です。 サラッと行きます♪

禅寺の座禅会に参加してきました

突然のようで、じつは突然でもなく、実は前々から体験してみたかったことでして、先日ようやく初体験となりました。

在阪時にも座禅会をしているお寺さんを色々調べたりしていたんですけれど、なかなか距離と時間の関係で行くことが出来ず、今回東京で調べていたんですけれど

あるわ あるわ  流石、大都会。

座禅会まで あるわ あるわ で。






まぁ、そもそも何故に座禅か!?ということについては、端的にいえば、経験してみたかったから。

もうちょういと踏み込んで説明するなら、

座禅をすることによる“凛”とした気持ちを一度味わってみたかったから。

ひいては、座禅における無とは何ぞや?の片鱗を味わってみたかったから。

ちなみに、僕が参加した座禅会があるお寺は日暮里が最寄駅です。







ざっと、流れを説明します。

夕方6時スタートで、初心者は30分前に集合して簡単な講習を受けます。

6時から読経

法話、説話

座禅 

茶会

お仕舞い。


率直な素直な感想を述べると、




読経は少々 苦痛、座禅は良し


実家は仏教だったけど、私個人は特に宗教を持ち合わせていないにんげんであります。
(なにせ実家の宗派が何処であるかも知らない始末)

読経が少々苦痛に感じたのはおそらく、それが原因。

あらためて、仏教というのは宗教なんだなぁ・・・と実感できました。
外部の人間である僕からすれば相当違和感があったわけです。


しかし、おそらくその流れが、座禅への導入部であるかもという気がするのも確かなんですよね^^
一種の精神状態を作り上げる行為というか・・・。


座禅自体は非常に面白い体験でありました。

初心者の僕としては、常に“なにも考えない”という事との戦いだったような気がします。


お坊さん、曰く、やはり日によって“座りやすい日”と“そうでない日”があるとのこと。
※無になれる日とそうでない日があるということ。



体験して思うことは、やはり“座るコツ”があるような気がします。


してみた成果としては、

「あそこまで何も考えない時間は久しぶり」

といったところです。



コツとやり方さえ覚えれば、休日のチョッとしたリフレッシュには良いかも知れません♪


あと、もちろん根性棒(?)というか警 策(きょうさく)という

例の卒塔婆にたいな板でシバかれるヤツ

も経験してみました。


一番衝撃だったのがおそらく、この警 策であったのは間違いありません。

なにせ、次の日も背中が痛かったw


初めの内は、他の人が叩かれる音がする度にビクッとしてました。
驚くぐらい強いんです!

※ちなみに自己申告で受けます。自分の持つM性をフルに発揮できる瞬間ともいえます


大変有意義でした、

が、

二度目の座前会参加は多分しないでしょう^^

でも、もし興味ある方が居ればオススメしたいところです。


KING OF INAKA Vol.4 “石見銀山”

盆休みがあけちゃったので、一気にいきますVol.4

石見銀山

今年に世界遺産に登録されましたよね♪

ginnzan1.jpg


ginnzan2.jpg


ginnzan3.jpg



石見銀山を簡単に説明しますと(※wiki参照ですが)

戦国時代後期から江戸時代前期までの日本最大の銀山。

ピーク時には世界の銀産出量の三分の一を誇り、

世界遺産には

「東西文明交流に影響を与え、自然と調和した文化的景観を形作っている、世界に類を見ない鉱山である」

ということと

「山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」

が決め手となって登録されたようです。



日本で今現在までいくつの世界遺産を見たのかなぁ・・・

さて、

ここを見た僕の印象ですけど

自然的価値、文化的価値、景勝美、等々とは別の視点で一つ。

それは・・・




続きを読む »

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

KING OF INAKA Vol.3 “オラが田舎のすごい駅”

田舎は凄い

夜はクーラ要らずで過ごせるのが凄い



田舎は凄い


駅が凄い

inaka16.jpg


inaka17.jpg


コレが田舎の祖母の家からの最寄駅です♪

ちなみに、最寄といっても歩いてこれる距離ではありません。


ちなみにこの駅

山と山との間に架けてある高架上に設置してある駅でして・・・

しかも・・・というか当然のごとく無人駅

鉄道ファンには有名なようでして、wikiにも載ってましたので一部抜粋します。



地上30mの高さにあり、116段の階段を上らなければならない(エレベーター・エスカレーターは設置されていない)。


アンド・・・・単線です!

↓ちなみにホームから取った写真

inaka14.jpg


inaka12.jpg


inaka11.jpg



ちなみに僕ですけど、一気に下からホームに階段を駆け上がったので足をツリました^^

 
↓駅舎内部にあった時刻表がこちら
inaka15.jpg


携帯電話のデジカメなんで見難いとは思うのですが
一日4往復しか電車はありません

単線なので、下り4本・上り4本なんです。

ちなみに“ナカのイチ”、小学生の時分に一度だけこの駅から電車で祖母の家から実家に帰ったことがあります。

でも、なんというか・・・・



同じものを見るにしても、昔に見るのと、今見るのと、では随分印象がちがう。


昔:へ~・・・凄い駅♪

今:うぉぉぉぉぉ!!!スゲェ!!!!!

知恵がついた分、“凄さ”が良く分かるw
今見た方がテンション高かったですね♪

こんな所に駅作るなんて、「国営の鉄道でないとありえないなぁ・・・」としみじみと感じた僕です。

ちなみにこの駅、お年よりには大変厳しいです。
※EVなし

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

KING OF INAKA Vol.2 “田舎が今、牙を剥く!!”

久々帰った田舎は大変良かったのです。

inaka02.jpg


ちなみに寝泊りした家はこんな感じです♪


inaka09.jpg




実は僕、田舎(母方の実家)に帰るのは10年振りでして・・・

祖母からすれば“不肖の孫”だと思います。。。


最近東京へと引っ越した僕の元に祖母から何回かお手紙を頂きましたので、今年こそは・・・・と堅い決意をして・・・・BOSSに休みも延長させて頂いて帰省しました。

雰囲気を簡単に説明しますと

・日本昔話に出てくるような田舎

・携帯電話通じない

・猪、猿、狸、キツネ、は現役で活躍中

・屋根裏部屋には“糸巻き”が残っている

・石をどければ山椒魚がコンニチハ

・上水は通ってないので、山の水&井戸の水 現役

・マムシもコンニチハ

・隣家との距離は50m以上




都会を離れて久々天の川を肉眼で見ました。



家から100m程離れたところに舗装された道が通っているのですが

そこには

外灯が一本も無い!!

と言えば嘘になりますので正確にいうと

外灯が一本しかない!!

なわけで、久々に・・・本当に久々に満天の夜空を見ました。



ところで皆さんご存知でしょうか?

続きを読む »

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

KING OF INAKA “今でも昔話”

Q1:日本昔話に出てくるような田舎って今でもあるの?
A1(ナカのイチ):ある!



Q2:トトロって本当にいたりする?

A2(ナカのイチ):おる!



Q3:お化けはいるの?

A3(ナカのイチ):わからん・・・


Q3は置いておいて、1と2に関して・・・

さらに2も置いておきましょう^^


Q1→あります、あります♪


約10年振りに母方の実家のある島根県へ行ってきました。
そして本日帰って来ました。ヘトヘトです^^

MyBrother と二人で行ったのですが、何せ、

本来 片道○時間かかるところを 片道△時間で・・・・

交代交代で運転するといっても実質ノンストップ。



もちろん最近世界遺産登録された

石見銀山も見に行きましたが、その話はまた後程♪



あと、今回の盆休み・・・“ナカのイチ”は東京にデジカメを忘れてきたので写真は全て携帯です!自分的に納得いかないけれど少しでも雰囲気が伝わればと思います♪
※といっても滅多に自分の撮った画像はUPしない僕ですけどねw
 ブログ用にサイズを縮小したりするのが面倒くさいんです^^


本ちゃんの記事は次の記事からです♪















テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

Tokyo Walk “ビバ!キヌタ!”

先日の選挙があった日に、投票ついでに足をのばして行ってきたのが

砧(キヌタ)公園

いきなりですが・・・

ここ最高!!

ってここまでテンション上げて物申す話しではないと思うんですけれど、

おそらく、僕が日本で見た都市公園で一番良いと思います♪

kinuta.jpg


日本の公園って、自然公園とかはともかくとして、例えば樹が生えているところなどは、

「ここから、ここまでが木の範囲ですよ~」

的な感じで割と、下草の範囲、樹木の範囲、地面の範囲、舗装の範囲って感じでゾーンが明確に分けられているんですけれど、

海外で見た僕の好きな公園のパターンは

下草がドバァー!っと広がった広大な空間に背の高い樹木がいきなり立ち上がっている!という様な雰囲気が好みらしいです^^

まさにソレ!っていうか、すんごく敷地も広くて、ましてや、コノ日は少し雨がぱらついていたので、誰も人がいなく、僕一人だけでした。


それがなんとも贅沢すぎて・・・贅沢すぎて・・・・


ご馳走様ですm(_ _)m



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

山嵐!・・・じゃなくて“嵐山”!!

20070504235758.jpg


渡月橋

現在、関東在住ですが、急遽、実家のある関西に戻ることになったので勢いで行ってきました

嵐山

“ふるさとは、遠きにありて思ふもの”

“ナカのイチ”の故郷ではありませんが、嵐山ってもう幾数年訪れていなかった土地です。まあ近場(電車で1hくらい?)なもんで

「行こうと思えばいつでもいけるしなぁ・・・」

↑コレです!!コレが曲者!!!!

↑いつでもいけるところには“いつまでも”いかなかったりします^^

なもんで、今回、“急遽”の帰省・・・ゆえに弾みをつけて
“勢い”で行きました。


20070505001812.jpg


コレも個人的に目を奪われました

( ゚д゚)ポカーン ・・・


続きを読む »

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

一応ね。。。エセ“オルセー好き”ゆえに。。。

今日はですね

行ってきたんですよ

以前紹介した、東京都美術館で開催されている

オルセー美術館展”へ
http://www.orsay3.com/
im2.jpg




行こう行こうと思いながら4月8日の本日は実は最終日だったりします。

だから行きました。


フー・・・・・


人多すぎ!!!

展示会場狭すぎ!!!
 

こんな僕は“文句いいすぎ!”でしょうか!?

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

バージン小話  俺“萌え”る!

燃えるでは無く、

“萌え”るです。

漢字変換が予想以上にスムーズにいく事に、この言葉の認知度を如実に感じる“ナカのイチ”です。

さて、三連チャンの“バージン小話”です。

平日なら記事さぼってしまいそうなので一気にいきます!

さて、本日ではなく、少し前にさかのぼるのですが・・・

行ってきました“秋葉原” 

入りましたよ“メイドカフェ” 

続きを読む »

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

近場のオアシス“等々力渓谷”

久しぶりの休日なので午前中はただひたすら寝ました。

午後から起床。昼飯を食べたり、部屋の掃除や、なんやかや

なもんで今日は遠出する気もサラサラなしなので、近場探検しようかなと思い

テクテク歩くこと5分程度でいってきました。

todorokikeikkokku.jpg


気になっていたものの近場ゆえに・・・・みたいな感じで逆に今まで行く気が起きなかったのですが、

おお!!いいじゃん!! 

続きを読む »

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

沖縄との温度差って・・・

先日、沖縄の友人と電話で話していた時の会話にて

僕「○△□、□▽○。で、そっちは今どんな感じの服着て僕と電話で喋ってるん?」

※注:相手は男性です!ゆえに、セクハラではありませんよ^^
   さらに僕は“ノン気”ですw

友人「あん!?今はTシャツに短パンさ~。なに言ってるか?○○※僕の名前ですなら分かるでしょ!?」

僕「わかってるわwいや・・・でもマジ!?俺今日は寒いからマフラーまいて外出ててんでwいや、いわれてみれば分かるけどさ~w」


とまあ、知っているつもりですけど、やはりこのギャップよ!!!
といった感じです♪

思い返せば僕が初めて沖縄の地に足を踏み入れたのは、忘れもしない5年ほど前の10月2日のことでした・・・

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

“明和電気”を通して“日本人”を見る

ジャカジャンッ!!

nako-do.jpg


“魚コード(なこーど)”ぉ~

ごそごそ・・・


01-1.jpg


“ノックマン”ん~

とりあえずこんなモンでw



さて、以上の商品はなんでしょう?



知る人ぞ知る“明和電気”さんの開発商品です♪

僕は個人的にファンなのですが、以前テレビで・・・

たしか“NHK英語でしゃべらナイト”だったと思いますがそれに現・明和電気社長の“土佐信道”氏が出演していらっしゃるのを拝見いたしました。

チョッと印象に残っている該当インタビューがあるのですが・・・

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

“箕面の滝” 自然は良いなぁ

大阪は 箕面市にある滝を見に行きました

20061009224900.jpg


もっぱら食欲の秋になりつつ“ナカのイチ”ですが

芸術の秋ということで

(自然の芸術!!苦しい?w)

を見に行きました。


名物のお猿さんも多かったのですが

続きを読む »

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

・・・・世界遺産?

行ってきました。

さて、何処でしょう?

IMGP2692-2.jpg


続きを読む »

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

きちゃいました 龍安寺

IMGP2641-2.jpg


これが石庭なり!

先日、積年のつもり積もった思いを遂げるべく、
ようやく行きましたよ龍安寺!

続きを読む »

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

日本のミケランジェロ作、日本のダヴィデ像

IMGP2555-2.jpg


どど~ん
運慶が日本のミケランジェロなら仁王像はさながら日本のダヴィデ像でしょうか?

続きを読む »

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

祇園祭り、雨の降る

IMGP2573-2.jpg


凄い雨の中での山鉾巡行でした。

祇園祭ですが、大阪の天神祭、東京の神田祭、と並んで、日本三大祭といわれているものの1つで、1100年前から続いているらしく、その様式美というものはもう美しいの一言! しかし雨

 

続きを読む »

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。