ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇譚 “ NAVIに誘われて ”



久々の怪談もの。

実は最近ネタ切れでした。

脳味噌ほじくりかえして思い出せばあるかもしれませんが、まあソレはまた思い出した時にでも。



今日は友人と仕事のお話で会うことがあったのですが、昼食に何故か盛り上がった真夏の怪談話。
※う~ん変態ですねぇ・・・・

※ちなみに友人の名誉の為にも言いますけれど、最初は友人がフライフィッシングをはじめるとか、最近サーフに挑戦しようとかの話。怪談に導いたのはもちろん私“ナカのイチ”です♪ええ、変態ですから。




そんな彼からの4年前のお話です。






友人が4年前に当時付き合っていた彼女の実家に車で遊びに行った時の話。




彼女の実家は某県の山を越えたところにある新興住宅地。

友人の彼女の実家は山を切り開いた場所にあるらしく、車で行くには山道を通り抜けなければならないらしい。

季節は今頃。


道中の最初は二人ではしゃいでいたらしいのだが、その山道に差し掛かり始めた時に彼女が猛烈な腹痛に襲われたとのこと。


彼女への実家への道を知っているのは、その腹痛に襲われた彼女しかしらないのだが、会話も出来ないくらいの痛さに襲われていた様子。


一応、彼の運転する車にもカーナビは付いているので、最初に目的地を設定していたので仕方なく、とにかくナビにそって出来るだけ早く彼女の実家へと急ぐことにする




突然深い霧に包まれたらしい。

※この時に“ナカのイチ”が季節はいつなん??って聞いた時の回答が今時分とのことでした。


僕(ナカのイチ)も経験あるんですけど、深い霧って2m前の視界も危い状態です。

まぁ、彼に聞くところによるとまさしくその様な雰囲気のようで。。。



深い霧なので、道の視認性は無く、ただ、幸いなのがナビに進路が表示されるので大まかな進路状況はわかる感じ。

目の前に急カーブでいきなり舗装された絶壁が迫っていたということもあるにはあったとのことだが、徐行しているから事故に至る危険性は何とか状況も状況なので回避に努めれたらしい。


彼女の実家に行くには途中、大きな縦長の湖を回っていかないといけなかったらしいのだが、なんとかその湖に出ることが出来た。


とりあえず、目印となるポイントまできたので、ナビでも湖サイドの道を表示しているので彼はホッとしたらしい。



※続きを読む方は 『 続きを読む 』 をクリックして下さい。 

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

村一番の豪傑

友人から聞いた話

注)本記事は少々グロテスクな、そしてブラックな表現を含みます




ずいぶん前になるんだけれど、数人で飲んでいる時に地元の友人から聞いた話。



友 「こんな話ってホンマにあるんや!?ってマジでそん時思ってんけどな・・・・」

俺 「オウ!?どんなん??」

友 「俺の死んだ爺さんやねんけどな、住んでいたトコで“村一番の豪傑”って呼ばれていたらしいねん。」

一同 「wwwwwwwwwwwwwwww 」

    「マジ凄いやんwwwww」

    「なんなんソレwwwwwいきなりwwwww物語の話みたいやなwwwwww」

    「なんかRPGゲームみたいな話やなwwww“豪傑”ってwwwww」

    「腹痛いわwww“村一番”がついてwwwしかも“豪傑”やろwwwww」

   
友 「おぉwwwwいや!俺もその話初めて聞いた時には“なんなんメッチャおもろいやん!!”
    って思ってんやwwwww」

続けて曰く

友 「でな、その爺さんがホンマに“村一番の豪傑”の名前に恥じなかった!って言うのが今回の
   お話やねん。」


一同 「うぉぉぉぉぉ!!!!メッチャ聞きたい!!!!!!!!!!」


続きを読む »

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

嫌なもの→金縛り

お盆という時期でもありますし^^

また、当ブログにおいてはカテゴリーの中に“怪談”という項目もあるものですから、そのまま勢いに任せて

前回の記事に絡めて少しお話しますね♪


まず、今回の記事は正確には“怪談”ではありません。随筆です。


“ナカのイチ”は過去、幾数回と“金縛り”を体験しました。

けど、ソレと“おばけがどうのこうの・・”と結びつけて考えたことは正直一度もありません。

“金縛り”ということ自体は生理現象でも説明つくからですね。

ヒントは疲れている時。


でも、嫌なことは

生理現象で説明のつく“金縛り”でありますが、“金縛り”の時は、何かに乗っかられる感覚であったり、人の気配が感じられるといった、変な体験をすることもある!!

で、

その変な体験・・・ていうのも一応は“生理現象”で説明がつくみたいです。






続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

怪談 “お憑かれ様です”

先日、地元の親友達と久しぶりに集まって飲む・・・飲む。


でまぁ、お盆ということで、いきなり居酒屋でプチ怪談大会が始まった・・・

というか、そういう話に誘導しました^^

そこで出た、友人から最近あった話です。




2・3ヶ月程前にその友人

仙台へ出張に行ったとのこと。


泊まったのはビジネスホテル。


そこで、彼が生まれて初めて体験したのが

金縛り
※“ナカのイチ”は疲れている時などは時々金縛りにあいます♪


初めての経験なので相当驚いたらしく、

なにせ体は動かない。声は出ない。

おまけに、何かが乗ってきている感覚まであったらしい。



とまぁ、一旦、その夜の話はそれでおしまいです。


次の日


地元に戻り、彼の奥さんと二人で、彼の奥さんの実家に遊びにいったそうで。

泊まりで遊びにいったので、当然その夜は奥さんの実家にとまることになりました。


明け方4時くらい


唸り声が聞こえる・・・


ウウウウ・・・ウウウ・・・


目を覚ました彼


見たものは・・・

続きを読む »

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

“くだんのはは”という作品

お盆の季節ということで・・・・



怪談好きの方には読んでいただきたい一品。

著:小松左京 の

“くだんのはは”という作品である。
kudann.jpg


ちなみに僕が持っているのは角川ホラー文庫の“霧が晴れた時”っていう、左京氏の短編集でして、そのナカの第三話目に収録されています。

20070815020553.jpg


小松左京氏の作品で有名なのは“日本沈没”とか名前を挙げれば、

「あぁ!その人なんだ!」

って感じで分っていただける方も多いかと思いますが、そんな氏のお書きになった他の作品と比較して少し“異質”な短編です。

さて、氏の他の短編と比べても、何故この作品だけ異質に感じるものなのか・・・

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

怪談 “モニターに表示された文字の意味”

またまた怪談ネタです。

昨年でもう“書ききってしまったかな・・・”

と思えども、思い出せばあるもので

これから書くお話しは僕が大学生の頃の体験談です。


大学一回生の頃にPCを産まれて初めて購入したんですけどその当時買ったPCに起こったチョッと嫌な話しです。

当時はまだPCは今ほどの復旧していない時代でして、まだ僕が当時設計事務所でバイトをしていた頃は手書きもチラリと残っていたりして。

ウィンドウズ95がまだ出たばかりだったような、でもって当時のスペックはペンティアム166MHzでソコソコ早いマシンというスペックw






ある日、PCを開いていると

突然、画面が真っ黒に

その次には、何か不思議な英語の文字がビッシリと浮かび上がって来ました。

「なんや?なんや!?」

と、その見慣れない英語の文字を注意深く見ていると

なにやら僕の本名の下の名前がアルファベットで表示されているのがわかった・・・

読んで見ると
(※つづり間違っていたらスミマセン!)


「“ナカのイチ(※下の名前)” hate his friends.」
(“ナカのイチ”は彼の友達を憎んでいます。)

「“ナカのイチ(※下の名前)” hate his family.」
(“ナカのイチ”は彼の家族を憎んでいる。)

などなど、他にも目を疑うような信じられない文章が羅列して続いている

うわっ!!!!!

なにコレっ!!!!

やばいッ!!


続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

SF(※少し不思議) “狐の大名行列”

ペース挙げて再び怪談ネタ。

というか

プチ・不思議な話しです♪




わたくし“ナカのイチ”の母方の実家は日本有数の神話の土地です。

もう何年も“ナカのイチ”は帰省できていませんが、どんな場所かと言えば

時間が止まっているかのような田舎

便所は汲み取り式、で、駄菓子屋まで歩いて片道20分はなんのその、

せせらぎの石をどければサンショウウオが出てくるわ、

風呂場で蛇口をひねればタイコウチ(※昆虫の名前)が出てくる始末。

川に入れば鮎が泳ぎ、庭には二羽ニワトリが・・・・

・・・

じゃなくて、庭の柿の木には冬になると猿が登場。その後、去る
(※本当にスミマセン!!!スミマセン!!!)

まあそんなこんなで、牛舎もあればイノシシ除けもありもうす。

そんな“KING OF INAKA”な田舎にて、今は亡き“ナカのイチ”の祖父からウチの母親が聞いたお話しです。



続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

怪談 “ノック・・・”

久々、怪談ネタです。




この話しは“ナカのイチ”が小学生の低学年の頃に住んでいた家での話です。





その家、今にして思えば何が原因かわかりませんけれど、何かと得体の知れないことが多くありました。

以前、ここのブログで書いた“ちっちゃいお猿さん”もそうですし、他にもあります。

多感な小学生時代というのが原因かも知れませんし、また、一度震災で家が全壊してから同じ場所で建て直したんですけど、それ以後何も起こらないのも事実。


さて、今回のお話しですけれど


僕が大学生の頃に地元のツレと飲んでいる時に話しをしたのが発端で“不思議なこと”だったんだ!という実感がわいたもので、

季節は夏だったか、その場は各自の自慢の怖い話しを持ち寄ってプチ怪談大会。ある程度話しが出終わって、「あぁ、そういえば・・・・」ということで思い出した次第です。



そんな“ナカのイチ”の小学生の低学年の頃・・・

学校から家に戻ってトイレに入ろうとするといつも何故かドアが開かない。



続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

夏がくれば思い出す・・・・

夏がく~ぅれば♪

思い出すぅ~♪


という歌もありますが、

僕も

夏がく~ぅれば♪

思い出すぅ~♪


という歌にあわせて

夏がくれば思い出すものが毎年あります。

・・・

?何を?

それは怪談^^
※水芭蕉の花が咲いているどころではありません!



えぇ~・・・・

実はこの本の紹介は、調度一年前の今の時期に記事として書かせてもらったんですけれど、性懲りも無く今年もまずは紹介させてくださいw

最近記事の更新が滞っているからといって手抜きではありません(強調!)

なぜなら書き直しているからですw


怪談マニアの“至高の書”

それがこのシリーズ

新耳袋です。

続きを読む »

怪談“落ちたお馬さん”

つい先日の話ですが沖縄から友人が遊びに来てました。

つもる話を飲みながらしていると

もう夜中の2時

ウダウダとしゃべりながら夜道を二人で散歩してました

と、気が付けば目の前に神社があります。

友人「沖縄にはないさ~。行こうぜ~!」

エッ!?マジ!?

う~ん・・・2時すぎだし嫌だなぁ・・・

草木も眠るナントやらですよ・・・

僕「那覇にも“波の上神社”あったじゃん!?あれじゃアカンの???内地で今の時間に神社訪れると正直言い事無いかもよ????」

友人「なにゆってるか!?内地の神社と全然ちがうさ!行こうぜ!!」

ってな感じで、丑三つ時に詣でることになった宵で御座います・・・・

続きを読む »

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

怪談  “ボジョレー・ヌーヴォーの怪”

ボジョレー・ヌーヴォー


そんな言葉が目に付く季節になりました。


わたくし“ナカのイチ”にとって、そんな季節が巡って来るたびに思い出される“ある”エピソードがあります。

今日はそんなボジョレー・ヌーヴォーにまつわる僕の体験談です。



続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

カテゴリー:怪談 「友人談:モンサンミッシェルにて」

久々に怪談ものを1つ出します。

コレは先日、僕と親友とで海外旅行話をしていてモンサンミッシェルの話題になった時に、その友人から「こんなコトあってんで!!」っという感じで聞いた話です。

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

カテゴリー:怪談 「学校のプラネタリウム」

盆前ということで、またまた短いスパンですが怪談話を1つ。


これは、高校生の頃にあった、知人が体験したいわゆる「学校の怪談」です。

が、当時、それを体験した数人の内の一人である僕の知人からは、それについての話をすることを彼がためらった為、詳細な話しが聞けず、後々、大学時代に友人が他の体験者からその状況を聞いたというので、大体の顛末が分かったという話です。




何処の学校にも、七不思議までいかないものの、1つか2つは不思議な話しがあるかと思います。

ちなみに僕の行っていた高校では、

「1階男子便所の設置されない鏡」

「開かずのプラネタリウム」

と目ぼしいもので2つありました。

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

カテゴリー:怪談  『ちっちゃなお猿さん』

お盆も近いので、少し短いペースですが怪談小話UPします。


これは“ナカのイチ”が小学生の頃の体験談です。

後にも先にも、不思議な体験とは別にして、

「何か見た。」

というのはコレが最初で最後です。

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

カテゴリー:怪談  『○○○岩』

今回の怪談話は、またまた私の大学時代の頃の体験談です。
(そうとう暇を持て余していたのでしょう。)


僕の地元、阪神間にある六甲山のふもとに兜山と呼ばれる小さな山があります。

ここには地元の人間には有名なんですが通称“○○○岩”と呼ばれる道のど真ん中に大きな岩がある箇所があります。

それに関するお話です。

続きを読む »

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

カテゴリー:怪談 『○○川で出会った未亡人』

具体的な地元の地名は伏せますが・・・・
僕の体験談です。

大学生の頃ですが、ある女性から

「怖い身の上相談」をされたことがあります。
(ある種、今回は幽霊モノではなく、かなり嫌ぁ~な話です。真相は結局ぼくもわかりません。怪談というカテゴリーでいいのかな?・・・。後々この記事消すかも知れません・・・)


その日僕は高熱が出て授業とバイトを休みました。

続きを読む »

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

カテゴリー:怪談  『ハトに餌をあげる女性』

今回はわたくし“ナカのイチ”の目撃した少しだけ不思議な出来事。

これは僕の大学生時代の話です。




ある日、大阪は梅田で人と待ち合わせをしていた。





続きを読む »

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

カテゴリー:怪談 『グラスの音』

僕がまだ大学生の頃の話。

いきなり友人からこんな話を聞く。

俺んち、この前、霊媒師よんで御払いしてもらってん・・・。」

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

夏の夜は怪談にかぎる

「怪談」ということで自信をもってオススメできる本はコレをおいて他に無し

新耳袋



現在はお手軽文庫本も出ているそうですね   

僕が高校生の頃に第一夜が発行されたんですけど、以降、毎年一年間に一冊というペースを守って10年目の第十夜をもって完結した脅威の怪談本。
ええ・・・社会人になっても・・・どんなに仕事が激務の時にも・・・沖縄で働いていた時も・・・好きなアノ子といる時にも・・・なにをさておき、夏がきたら海?ノンノン・・・新耳袋

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

夏といえば・・・怪談・・・といえば

梅雨が明ければ夏ですね。夏といえば
怪談

ナカのイチは怪談が実は大好きです。

続きを読む »

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。