ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書こう! 『ラナーク  四巻からなる伝記 』 レビュー

ラナーク


読み終えました。

『ラナーク 四巻からなる伝記』  国書刊行会  著:アラスター・グレイ

ハードカバーであり、かつ、1kgは十分あるであろう レンガ本
にして、

その内容も超・超・高密度
にして驚愕です。

なにせ、読み終える頃の僕の感想としては
凄すぎ・・・・・。
こんな小説って書こうと思ってスグに書けるもんなの???   
“書く”としたらどれくらいの期間で書けるの???

等など思いながら“あとがき”などを読んでいると、なんと

完成に20年かかったとか。。。

思わず納得。 

そんな作品が今回です。


レビューといっても僕の持つ“文学的ボキャブラリー”では適切な単語を当てはめることも難しい。

書評では、“ダンテ+カフカ+ジョイス+オーウェル+ブレイク+キャロル+α”とか“百科全書的ノヴェル”とか“半ば幻想、半ばリアリズム”とか・・・

しかし、ココでは自分の言葉で何とか噛砕いてレビューしてみようかと♪

※今回の記事は大量です!!ちかれました・・・

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

『 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 を見たのです

toddo.jpg



ティム・バートン 監督作品にしてジョニー・デップが主演となれば無視することができるはずも無く。


先ず感想をズラズラっといきます!

●もう血飛沫まくりR15指定。
※個人的には、R15指定って微妙だなぁ・・・と思いますが。。。

●ティムバートン色が今まで以上に強く出ているので、実は万人受けはしないと思われます。

●ラストにビックリ!!見ていて気付いた瞬間には時すでに遅し
※何を意味するのかは実際に見てください♪

●語弊があるのを承知で言うと、ティム版『オぺラ座の怪人 』

総じて僕は好きです♪ なぜならティム作品の雰囲気が好きだから。

ジャンルはゴシック・スプラッターと言えばよいか!?ホラーではなくスプラッターであるところが本作の特徴かも・・・です。


ストーリーを簡単に説明すると

 舞台は19世紀のイギリスはロンドン。ジョニー扮する“ベンジャミン・バーカー”はかつては、美しい奥さんと産まれたばかりの女の子を持つ幸せな家庭を持っていたが、バーカーの奥さんに惚れ込んだ悪徳判事に無実の罪で捕らえられ、流刑にされ、その間に奥さんは判事に陵辱される。
 15年経てロンドンに戻った時には奥さんは毒を呑んだことを人に聞かされ・・・娘は判事が後見人となって判事邸に捕らわれの身。 
 “ベンジャミン・バーガー”の元の職業は“理髪師”。名を改め“スウィニー・トッド”と名乗り復讐心を募って行きながら徐々に狂気に心を当てられ、見境亡き“狂気の殺人理髪師”へと変貌していく。

ってな感じです。


この作品って元々はミュージカルなんですよね!?
※150年間演じられているミュージカルとのことです。

感想のところに書いたんですけど“ティム版の『オぺラ座の怪人』”と評したのは全編ミュージカルしているからでして・・・・もちろん全編を通じて歌・・・歌・・・・歌。

もちろんジョニーデップも歌い続けます。

上手い・・・
※さすが元ロックバンドのボーカルw



個人的な見所は、ある時点を境に“ストン”と狂気に陥る瞬間。

元々判事を殺したいという動機はあったトッドですが、中盤以降は無差別殺人鬼へと変貌。
その“瞬間”はハッキリと作中で描かれます。
そして、ラストの“事後”にわかる“まさかの事実”。

結構色々見所はあるのですが書きすぎると物語の核心につきそうなのでコレぐらいで♪


総じて全体の雰囲気は暗くストーリーも暗く、映画を見終えて笑っているカップルも数少ないことからお察しください^^


カップルで行く方は気をつけてくださいね♪




閑話休題

「ラナーク」は激しく読みつづけています♪
ジャンルはなんでしょう・・・あえて言えば“なんでも”w
始めは普通の青年の話しかと思えば、いつのまにか悪夢を見ているかの世界に。
と思えば、少年の心の内面をダークに描く青春小説に。

まだ、先は長いもののこれから先に何が起こるのか?ストーリーはどこで何がつながるのか?

楽しみなのです^^


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

険しき読道 『ラナーク 四巻からなる伝記 』

年始の時に久しぶりに会った友人から進められて購入してしまった本

『ラナーク 四巻からなる伝記』  国書刊行会  著:アラスター・グレイ
ラナーク


ちなみにハードカバーで税込み 3,675円 也 です。

Yahooブックスの書籍紹介文を拝借しますと、

スコットランド文学の奇才アラスター・グレイの第一長篇にして最高傑作『ラナーク―四巻からなる伝記』は第三巻から始まる。記憶を持たない青年ラナークは退廃の色濃い都市アンサンクを彷徨し、謎にみちた奇怪な施設に収容され、やがて混沌と陰謀の渦巻いた大騒動にまきこまれる…悪夢的幻想世界での冒険を強靱な想像力で描く第三巻・第四巻。そして画家志望の少年ダンカン・ソーの友情と初恋、苦悩と幻滅をリアリズムの手法で瑞々しく描く第一巻・第二巻。二つの異なる世界は仕掛けに富んだ語りで絶妙に絡み合い、物語は鮮烈な黙示録的ヴィジョンをむかえる―SF・ミステリ・ファンタジー・半自伝・ビルドゥングスロマン・メロドラマ・文芸批評・メタフィクション等々あらゆるジャンル・小説形式をミックスした現代の叙事詩、ついに登場。

読み終えてから記事を書こうと思いましたが、そうとう先になりそうな予感がします。

友人に後に聞いてみると・・・
「お前も気合はいってるよなwwちなみに俺が読み終わる予定はGW前と思っている。まあお互い頑張ろうぜww」

そうなのです・・・・・

分厚いのです!!!!

物語自体は 2段組・704P

物語りも、よくよく理解しながら読んでいかないと分らなくなるので、今現在は牛のように確実に一歩一歩進みながら読み進めているので、

やはりGWかも・・・・と嫌な悪寒も少しありますが。

上記説明にもありますが、今僕が読んでいる時点ではやはりジャンルは良くわかりません。
※読み終えた暁には自分の言葉で語れることも多少はあるかと思いますけれど^^


本の帯等では 20世紀世界文学の金字塔 とか 20世紀最重要世界文学、ついに刊行

等々ありますが、今だに“ナカのイチ”は不思議世界の入り口付近を彷徨っているのでした。

久々読み応えがあります。。。

ありすぎです!!!!

レビューするのは当分先にいたします♪
先ずは本書紹介ということで^^

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

世界の車窓から DVDブック は凄い!良い!

実は昨年から、オススメ記事を書きたくて書きたくて、書けなかったものがコレ

世界の車窓スイス編


今現在なんですけれど、朝日新聞社 より発行されているDVDブックがありまして、それがこの“世界の車窓から DVDブック”です。

初回版のスイス編は 980円 次回以降は 1470円

ちなみに現在はVol.3の“ドイツ編”まで出ています。

内容は充実の“世界の車窓から” を国ごとに丸まる60分詰め込んでます。


いまだにスイス行きたい熱覚めやらぬ“ナカのイチ”なもので、このDVDブックが出た初回のスイス編は安いこともあり、迷わず購入・・・お試しの意味もこめて。

結局、今のところ、発行されるシリーズを全て買うまでに到っているのが、このDVDブックの内容の良さの証明となりませんでしょうか?
※なりえませんねw
でも、とある人には薦めまくった結果、その人、スイス編を購入して、今では「エア・スイス仲間」になってもらってます^^



実は“ナカのイチ”ですが、このテレビシリーズ“世界の車窓から”の個人的なファンでして
番組の収録曲を集めたCDなども買ったりしています。

このDVDブックの内容充実凄いの正体は
・まんまTVの内容+αが各Volごとに60分収録
・音楽、映像もメディアを活かして“良質”
・さらに初回版の980円は内容に比べ異常にお得で値段以上の価値

今の所、スイス編、フランス編、ドイツ編 と出ていますが
「どれが今のところオススメですか?」

と聞かれて即答するのは「スイス編」です。

まさに初回を飾るにふさわしい映像美ならぬ“車窓美”。

そして、僕は言います

「本当に、あんな感じでしたよ♪」と^^


スイスといっても旨く時期外して行けば格安で往復10万円切る程度でたしか行けたと思います。



GWに行き・・・たいん・・・です。。。。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

新年☆あけまして☆おめでとうございます☆+4日

新年 明けまして おめでとうございます

本年もなにとぞ 遅々として更新進まない 当ブログ

 “ナカのイチの、ミシンの煙”

ですが、 ヨロシクお願い致します♪

まぁ、
「あ!はっぴい・・・にゅう・・・いやぁぁぁぁ!」

と声高に虚空に向って吼えてからもう既に4日経ち、

明日は東京に戻り明後日から仕事モード前回で一月を乗り切る所存の“ナカのイチ”です^^

遅ればせながら、今年の僕の抱負(※の1つ)は

ブログを定期更新するということw


書きたい記事はちょくちょくあるんですけどね(泣)

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。