ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2009-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔓延してますな



ちわっす。ナカのイチです。

久々書き始めると二つ三つと、記事を書いてみたくなるのがブログの不思議なところ。

何かに似ていると思えば、筋トレや、ランニングといったエクササイズに似ている気がします。
あまり飛ばしていると、またしばらく更新が空いてしまうので、正しい更新は一日一回なのでしょう。



閑話休題



さて、実家がもろに阪神間にありまして、東京にいる僕にとっても人事ではありません。
実家に電話しました。

曰く、マスクが品切れであると。手に入らないと。


修学旅行が中止になったり・・・とかの話を聞くと、かなりかわいそうです。
僕も、当時は阪神大震災で修学旅行を途中で中止になった経験があるので気持ちはわからないでもないです。振り替えで実施されればいいんでしょうけど。。。


思うことは、実際どれくらい被害が広がるのか・・・ということ。
遅かれ早かれ東京にもくるのではという気がします。

交通機関の発達っていうのは、こんな諸刃の剣の一面もあるのだなと改めて実感。
不幸中の幸いは、まだ豚インフルエンザ程度でよかったという気持ちもします。

実際、海外では亡くなった人もいるので、不謹慎かもしれませんが、これが、もっと強毒なウイルスや細菌だったらそれこそ、世界が。。。みたいな視点です。


WHOでは今回の日本を、“先進国で発生した未知の病気の対処”のモデルケースにするそうです。
良いモデルケースであってほしいです。
スポンサーサイト

まっつぁん!!

驚いた!!!!

寝る前にPCとじかけでニュースサイトみたらまさかの

松本人志が“デキ婚” お相手は一般女性

ソースはサンケイですね。


お相手は一般人女性とのことですが、ようやくのご結婚。

なんとなく松っちゃんの確信犯的な出来婚のような気がします。

とりあえずはオメデトウございますといったところです^^



あと浜ちゃんのコメントがよかったです。

「おめでとうございます。あなたも人の親ですか。もう五反田には、行けませんね」


しかし驚いたな

書評“新世界より(著:貴志 祐介)”を読んだ 

油断すると、更新がひと月空いてしまうことがナカナカに驚かされます。

う~んイカンな・・・と思いながら久々更新します♪

今回はコレ!
新世界より
 
“新世界より” 著:貴志 祐介

画像は“上”だけですが、もちろん下巻も読んでます。
そして上下巻1000ページを超えますけど、二日で読んでしまいます。

それだけ面白かったということ。

第29回日本SF大賞受賞



ジャンルはSFですが、さすが上下巻のハードカバー。

どハードです。帯にはハリーポッターを引き合いに出してましたが、もちろん興味を引くためでしょうが、帯に興味を惹かれて買った人って本書読みながらドギモ抜かれたんじゃないでしょうかw

簡単に説明しますと

現在より1000年後の日本が舞台の物語。
その世界は核兵器をも凌ぐ力“呪力”を持った人々が生活する一見おだやかな世界。
イニシエーションを受け子供たちは呪力に目覚め、そして本格的に呪力を学びながらも大人になっていきます。
しかし、社会に暗い影を落としている伝説の“悪鬼”と“業魔”の御伽噺、そして、呪力を持った人々を神とあがめる、人語を理解する知能を持つ“バケネズミ”達の存在ならびに様々なミュータントの存在が、徐々に平和な世界の輪郭を、読む我々にも違和感ある世界であると認識させてくれます。
そうなると読み手の我々にも沸いてくる疑問。
現在の世界から1000年の間に、いかに人々は呪力を得たのか?呪力のない人々は登場しないがどこにいったのか?なぜ文明は退化し、かつ、世界中の人々は郷単位で孤立し、お互いの交流があまりない世界になったのか?

それら疑問は、読者と同じスピードで本書の主人公達も感じ、そして、読者の読むスピードにあわせて、またひとつ、またひとつ・・・と主人公達の手によって謎の解明されていき、物語が加速度をましていけば、読者も主人公も後戻りが許されない状況になり、すべてを読み終えた後に、夢でうなされるような ど級の面白作品です!


紹介していたらまた読みたくなってきました。
次回はバケネズミの視点で読んでみたいなぁ。

この作者、貴志祐介氏の頭の中ってすごい世界だと思いましたよ。
語弊もあると思う比較ですが、同じく僕の好きな作家の伊坂幸太郎氏の作品ってある意味わかりやすいんですね。

アチラは作者の綿密な物語の設計図があり、その一つの作品が完結するための明確な役割を全ての人物が明確にそれぞれ持っているので、意外と思われるかも知れませんが、ぼくはあの人の作品を“理系の人の作品”と認識しているんですね。

ただ、この世界観が描けることで、創造という意味では貴志氏の方が抜きん出ていると思いました。


いつか出るであろう文庫本を待つもよし、ですが、いつかはいろんな人に読んでもらいという本書。
と書けば少し嘘かも。

読む人選ぶかなぁ^^


 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。