ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レヴュー? “アフターダーク”

先ほど読み終えました。

故にすぐさまレヴューです。

村上春樹著

“アフターダーク”


この小説に流れるストーリーの時間帯にもよるのでしょうが

この本は深夜にこそ読むのがふさわしいとおもいます。 いわゆる、“面白い”とか“面白くない”とかそういう表現はにつかわない作品でした。

ただ、僕は好きです。


ストーリーは深夜を舞台にして東京の“ある小さい地域の周辺”を切り取った、そこでの物語です。時間帯は深夜。とある“ラブホテル”がたまたま各登場人物の鎹となって繋がります。

終りまで読み終えて、その結果は決してはっきりとわかる気持ちの良いものではありません。しかしそのまま淡々と読了して終わりました。小説に流れる気配はある種の“気だるさ”があり、その“気だるさ”は学生自分、自分も過ごした“気だるさ”に共鳴するような感じ。故に、昼間の覚醒している自分でなく、ある種、五感が衰えつつある時間帯に読み進めるのが一番この小説を読む状態にうさわしいのかなと思いました。

コノ人の“羊シリーズ”よろしく“海辺のカフカ”もそうですが、なにか得体のしれない“邪悪”をもつ人物の影があります。この雰囲気がコノ人の持つ世界というか、“静かな悪意”みたいなものを表現するのが凄くうまいというか、怖いというか。

実質2日で読み終えましたが、僕は好きです。


う~ん。読んですぐのレポートなので、いかんせん、心にズシリとカタルシスが残っている状態なのでもしかしたら後日補足レヴューするかもしれません・・


果たして、あの女性をブラウン管から見つめている仮面の男性は誰なのか?ぼく個人としては○○だと思うのですがどうでしょうか?また、○○の未来も決して明るいものではないでしょう。いずれは△△の報復を受けることでしょう。

あの、夢の世界、不可思議な世界、を抜きにして考えれば割と嫌な話というか“すえた話”だと思うのですがただ単にソレとして終わらせないのは邪悪な薫りのする話の中にも、“純粋な、応援したくなるような前向きな気持ち”が物語の中に見えるからだと思います。



ところで

感心した点ですが、話のディティールがスゴイ!というか、身の回りのモノについて、メーカー名等が堂々と出てくるところが、この小説を読んでる最中に
ぐっと身近な世界に浸透してきました。


さて、舞台としてラブホテルが登場するところはチョイスとして凄くマッチしてました。なんともいえない気だるい雰囲気がその舞台において、現代という中にもその非日常が展開される舞台といては、その場所の特異性・・・というか人の本能が剥き出しになる特殊な“場所”だからこそその、一皮向けた“邪悪なモノ”が表現できうるのだな、と。

ちなみに僕が今回の中で表現している“邪悪”という表現は漢字の通り

“邪ま(よこしま)で悪(あく)”なものという捕らえ方で、この表現を使用しております。


いや、まぁ・・・好き嫌い分かれるでしょうね、この本。


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/114-78b39585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。