ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み返して“「松本」の「遺書」”

エッセイはあまり好きじゃない

というか、読まない・買わない

けど


何故か“故・中島らも”氏のエッセイはほぼ全て持っている。

そしてもう一冊持っている


それが

「松本」の「遺書」 (松本 人志 著)


です。


このたび再び入浴の友として読み返し始めた本書ですが・・・




松本氏が週刊朝日で連載していたエッセイの本「松本」と「遺書」それぞれを一冊にまとめた豪華版としたのが本書です。

“怒りキャラ”でもって当時の世間への不満を切り倒しまくっている感じのエッセイですがさすがに、今と比べて若い頃の本なので正直、今の“松っちゃん”と比べてより毒気・殺気があります。

と、ここで「じゃあ、この本って松っちゃん幾つの時に書いたんやろう?」

と調べてみれば

29~31歳

僕こと“ナカのイチ”ですが現在29歳。

そうか、ちょうど当時の松っちゃんと同年代なんか~

と思えば以前読んだとき時はまた違う視点でも再度本が読めるものですね♪


 この本の中の松っちゃんのキャラクターは、当時の今とは違う“ギラギラした松っちゃん”がふんだんに出ている為、結構きつく感じる人もいたかも・・・。
 まぁ、ただコレも松っちゃんのキャラ作りであるかもしれませんし、また、文章が口語体であるからキツく感じるかもしれませんよ?
「チョッと文章キツいなぁ・・・」
と感じられた場合は、その文章とおりに松っちゃんが喋っている姿を思い描いて見てください。
すると、あら不思議!全然違和感がないw
 でもテレビ以上にある種の“ニヒリズム”色は色濃く出ている気もします。

さて、1つ参考になることが


この本の書評を読んでいると時々、「はっきり言って自慢話」とかそういう書評も時々目につきますが、まぁまぁ・・・と^^

コレはご本人も本書の最後の方で述べられているのですが

「凄いとかそういうことを一番言いたいわけではなく、“自信を持つことは悪いことでは無い”ということを言いたい。」

僕としましてはここにプロフェッショナルのプライドが垣間見れて、もう尊敬!って感じですし、「俺ももうチョイ頑張ろ!」と思った次第です。

当時同年代ということで少し気を引き締められた思いです^^

書評としては

・ファンの人なら“買い”でしょう。
・好きでも嫌いでもなく興味なければ“不買い”かな。
・しかし、ピンポイントで松本氏が嫌いな人は“買い”かなと。
結果、好きになるかもしれないし一層、嫌いになるかは保証の限りじゃありませんがw

※余談ですがさすがに、若気の至りみたいな部分も今にしてみれば正直・・・正直・・・ありますよ♪だって「その頃言ってたこととちゃうや~ん」と思うところもそりゃありますって!僕としてはそんな今という結果があることが嬉しかったりしますが^^
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/143-e6dda3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。