ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラド美術館そしてアディオス・スペイン

トレド→マドリッド(市内観光)→夜行列車(パリへ)
IMGP1685-2.jpg

荷物を駅に預けマドリッド一日観光である。なんとマドリッドで一番みたかった『ソフィア王妃芸術センター』は本日休館日である!!なんてこった・・・。ということで、『プラド美術館』へ行く。じつはソフィアよりもプラドの方が美術館としての名は高く、世界三大美術館の1つに挙げられる(じつは諸説があり候補美術館が5つある模様。が、少なくても世界五本の指には確実に入り、ヨーロッパにおいてはパリのルーブル美術館、ロンドンの大英博物館に並ぶ三大美術館の1つである)。ただ僕としてはゲルニカが見たかったんだー!!というだけの理由だけでソフィアにいきたかっただけなのであった。
そんなわけでプラド美術館へと入る。やはり絵画美術館では世界1という呼声の高い美術館だけあり、ルネッサンス絵画から印象派画家まで広く収蔵されていて見ごたえはある。また広すぎて迷いそうである。僕としてはルネッサンス絵画は正直余り好きな絵の部類ではないというのは分かったので、印象派を中心に鑑賞する。ルネッサンス絵画は構図等はある種の完璧さを求めるところがあり、美しいのだが、絵のテーマはキリスト教にちなんだ陰惨で重いものが多く、勉強とは別に、純粋に絵画を楽しむ上では僕の好みの絵ではないのである。
僕にとってのプラド美術館はやはりゴヤの絵である。もともと行く気のなかったプラド美術館だったのでさして作品等を調べていなかった中、ゴヤの『我が子を食うサトゥルヌス』が展示されていることには感激!正直絵画にはメチャメチャ詳しいわけではない。今まで習ってきた美術の授業やそれ以外の日常生活を営んできた中で自然と見についた知識や、たまたま偶然にも興味をもった作品や作者達。一般人で全く興味をもっていない人よりかは少しだけ詳しい知識もあるかもしれないが、生粋の絵画好きや美術好きの足元にも及ばない。建築物は事前に所在を調べて現地で目的を持って見に行くのだが、美術館鑑賞ではお目当ての作品以外にも新たな発見や、好きな作品との予期せぬ出会い等があるから実際毎回が楽しみなのである。ゴヤの絵画はプラドには豊富に収蔵されており、晩年にむけて暗いテーマのものが多くなっていくが、その時の時代背景やゴヤ自身なにかあったのであろうか?興味ぶかいのでまた日本に戻った時に調べてみよう。また、タホ川からの古都トレドを描いている作品もあり自分のみた風景と照らし合わせてみたりして大変楽しめた。
プラドを鑑賞の後にマドリッドチャマルティン駅に行き、予定通りパリ行き夜行列車に乗車する。これにてスペインは終了。アディオス・エスパーニャ。グラシアス・エスパーニャ。
番外編
夜行列車は、もともと同室の人とのコミュニケーションに気を使うのでリクライニング付きの座席者を希望していたが、それは埋っていたので、少々値段アップのクシェット寝台列車(四人用寝台)を予約していた。そうではあるが実際、同室の人がどんな人かは少々楽しみではあった。一番乗りだったので他の人を待っていると。一人目。無口で神経質そうなおそらくアメリカ人青年。なんかアメリカ人個人旅行者ってけっこうこんな人多いんかな?二人目・・・「オラッ!」陽気そうなスペイン人おじさんである。あと一人は途中乗車らしく出発時には不在。英語が分かるのはアメリカ人だけであるので、おじさんがくるまでは、当初、僕が寝台を利用するのが初めてであったので、寝台の使い方を聞いたりとか、乗務員に預けたパスポートがいつ戻ってくるか知っているか?等聞かれたりして色々会話していたが、列車が進みだす時点で彼はひたすらPSP。なんか重い空気なので僕もipodでひたすら音楽を聞く。おじさんは本来色々会話したかったであろうに、同室の人間はスペイン語が喋れない人ばかりで退屈そうだ。しぶしぶウォークマンで音楽を聞き始めた。他の部屋から笑い声やバルセロナFCの応援歌が聞こえてくるのに対し、無口な室内。あぁ・・・だから僕は座席車の方が気楽だったのに・・・。おじさん、スマン!最終的に途中駅で黒人男性が乗車してきて、我らのクシェットは白人、黒人、黄色人種、ラテン系全ての人種が揃いました。相変わらず無口で重い空間。あとベッドに入るときに靴をぬいだおじさんから素晴らしい悪臭が!!!もう!絶対!!今度から!!!一等寝台か座席車に乗るから俺!!!
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/24-8de161a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。