ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れ最強スポット!!“ヨドコウ迎賓館”

おそらく、本日コレを見たことによって、とりあえず僕が関西で見たかった建物は全て網羅してしまったのかもしれません。

ヨドコウ迎賓館です
20070505201427.jpg


タイトルでも書きましたが

何ゆえ“最強スポット”であるのか!?

写真を見てピンとくる人はピンとくる!?

じつは

フランク・ロイド・ライト氏の設計した建物です。 

では、ご存知内方にライトの説明を簡単にしますが・・・
ライトは生存当時は近代建築の三大巨匠と呼ばれた人達の内の一人です。

当時三大巨匠とは

1.ル・コルビジェ

2.ミース・ファンデルローエ

3.フランク・ロイド・ライト

の三人を指しております。

しかし、ライトが他の二人と比べ異質であった点は

“誰もライトの真似は出来なく、ライトの建築はライトで完結した”

ことにあります。故に、最も天才気質であったのかもしれません。

著名な作品は
アメリカはニューヨークにある
geggenn.jpg

グッゲンハイム美術館

他に
20070505202626.jpg

カウフマン邸(※落水荘)

などなど、色々ありますが

日本では今は明治村に一部だけ保存されておりますが
20070505202844.jpg

帝国ホテル

世界三大巨匠の一人なもので、当然他にも多々有名な作品はありますが、一般のメディアでも紹介されるようなものでも上のような作品群があります。

で、実は、

知る人ぞ知る!知らん人は知らん!! といえば身も蓋も無いんですけど

実は・・・実は!!我らが地元の阪神間にライトの作品がありまして

それが、

阪急芦屋川駅を北に10分ほど歩いたところにある

ヨドコウ迎賓館

がソレなのであります。

※元は個人邸宅なわけでありますけれど、名前でピンッときた方もいるかもしれませんが現在は淀川製鋼所の所有であります。

内部の写真撮影は禁止なので、今回僕の言葉で説明するしかありませんが

そのスケール感がとにかく冴え渡るライトの業!

よくよく見てみれば、天井もそんなに高くなかったりします。

部屋もメチャクチャ広いわけではありません。

でも、何故か広々と心地よい

秘密はそこかしことした場所のスケール設定にあります。
人の仕組み、目線、感覚をよくわかっているなぁ・・・と感嘆しきり。

あと、ここの建物、芦屋の高台にあるのですが、テラスから阪神の街並みを一望に見渡すことが出来ます!!!

↑超・ゼ・イ・タ・ク・です!


建築ファンの中でも、ライトの作品が、ましてや関西の阪神間にあること
自体知らない方も多いと思います。

地元が近いだけにコレについても

“いつでもいけるしなぁ・・・”

と思っていましたが、日々、東京でも遊びに、観光に休日は飛び回っているものですから、良い意味で“足勢い”が付いているのかもしれません♪



あっと!!内部写真が公式HPにありましたのでチョコット拝借して掲載じます
20070505205013.jpg

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/243-024cacd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国際博覧会が開催された時は、外国館参加の各国から王族・元首・閣僚級の賓客が、各国のナショナルデーに会場を訪問するために「迎賓館」が設置される。「万博迎賓館」として、前述の内閣府の迎賓館とは区別される。国際博覧会開催中だけの臨時施設であるが、博覧会閉幕後も

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。