ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲシュタルト崩壊かぁ・・・・

前々から“コレって僕だけ??”って疑問に感じていたことがあるのですが

例えば、人物画や、講演会とかでその人物の顔を集中してみていれば

突然、その凝視している顔の印象が全く異なって見えることがある。

知り合いであったとしても

あれ??この人ってこんな顔していたっけ?????


と、ふと訳がわからなくなる瞬間があります。

もっとも、一旦、集中してみるのをやめて、一息ついて見直してみると

ああ・・・そうそう!この印象!この印象!

って感じもとに戻り、なにせ集中して物事をみる度にそんなことがシバシバと・・・

で、最近そんな“不思議な感じ”になることの理由というのがわかったんですけど、

どうやら


ゲシュタルトの崩壊

というらしいですね。
では“ゲシュタルトの崩壊”という“現象”を簡単に説明しますけど

もともと人間の目というのは
“動いているモノを認識する力が長けている”ものであって、
逆に“静止しているものを認識するのは苦手”であるとのことです。

でもって、その苦手な“静止している”ものをずっと見ていると、どういうことになるかというと

どんどんみている対象のものが“訳分からなくなってくる”といった現象がおきるらしいです。

漢字とか、文字でもおきやすいらしく、一般的には漢字の“借”という字が
そういう状態になりやすいらしいです。

で、こういう風な認識力の低下を“ゲシュタルトの崩壊”というらしいのです。


※ちなみに“ゲシュタルト”というのは心理学者さんの名前です。
↑ドイツ語で“形態”という意味だそうです!ご指摘があ有難う御座います。

元々、何気にこの“ゲシュタルトの崩壊”って事について調べる機会があって調べていた(笑)んですけど、よくよく、説明内容をよんでいると・・・

あぁ!!!!僕がいつも絵画とか人の顔(※学生時代に先生の説明を聞いている時とか)とかを凝視している時に感じていた違和感ってコレだよ!!!

って気づいたんですね♪

いやはや、この歳になっても新しく勉強できることってまだまだ残されていまっすよねっと^^
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご指摘有難う御座います♪

あらためて調べたところゲシュタルトはドイツ語で“形態”という意味みたいですね!

早速の修正いたしました。
お気遣い有難うございますm(__)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/266-26a4ab86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。