ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリヒそして現代建築の宝庫バーゼル

6:45チューリッヒ着 午前市内観光 → 午後バーゼル

IMGP0080.jpg

まず第一に確認しないといけないこと・・・。それは・・・


携帯電話が使えるかどうかだ!

かなり弱気な旅行者である。


通じた!!良かった!
自分が海外でいきなり消息不明にならないようにこれから主要な都市への移動、次の国への移動をする際には最低限、家族にはメールを一発打つことにする。

もしもの時の自己防衛である。もしもは無いことを祈りたい。

 機内で寝まくったおかげで、幸いにして時差ぼけは一切なし。(スチュワーデスさんからは夕食ださなくてゴメンナサイ!とてもグッスリ眠っていて起きなくて・・・。スミマセン。今食べますか?といったことを言われたが。D’ont Worry. 寝ていたからいいです。と笑顔で答えました。少し英語に慣れて来たかな?)

 チュリッヒ空港にて1h程スイスの旅行プラン及び、最初の宿泊先のおさらいをした。

4/20にロンシャン教会堂(フランス)を見に行く予定のため、バーゼルのユースホステルに泊まることにする。午前中はチューリッヒ観光。午後にバーゼル入りとする。

先方に予約は入れていない。そしてダイヤも不調べ(相変わらず時刻表は使いこなせず・・・)。

結論からいえばまあ何とかなった。

具体的にどうこうではなく本当に何とかなったという感じ。

だって宿について、部屋に入って最初の感想は「英語が使えたらな~。」であるから落ち込む。

ユースホステルの場所が良く分からず駅の観光案内書で地図をもらい、かつユースの場所を教えてもらう。

観光案内所でもらった市内マップをもとに市内散策。部屋に入れたのが15:00だったのでそれからの急ぎ観光である。


 まず初めにバーゼルの美術館に行く。


モンドリアンの作品『コンポジション』を生で見る。

他にもピカソ『座るアルルカン』『セーヌ河畔の娘たち(クールベによる)』、セザンヌ『ワイングラスとりんご』、ゴーギャン、ゴッホ『ピアノを弾くマルグリット・ガシェ』、ルソー『詩人に霊感をあたえるミューズ』『豹に襲われる黒人』、シャガール『黒い手袋のフィアンセ』、ダリ『燃えるキリン』、ミロ『太陽の人と犬』、レンブラント、モネ、セザンヌといった印象派の画家も目白押し。


一番印象に残ったのは今回はピートモンドリアン。


「非常に建築的なデザインだな~。これは絵画のデザインというよりも建築のデザインやな~」


と感じながら見ていた。(後から勉強してみたら、モンドリアンに影響を受けた建築家達がそのデザインを建築に応用していったらしい。リートフェルトのシュレーダー邸もデスティールのひとつであるし、後に見ることになるロンシャン教会堂の窓のデザインもモンドリアンの影響あってのことと見方がされているらしい。)



 さて、市内散策である。


バーゼルは現代建築の宝庫である。マリオボッタ『国際決済銀行』『タンゲリ美術館』、ヘルツォーク&ド・ムーロン『シグナルハウス』等々。

ただ今回のヨーロッパ旅行に関して決めていたことは「あまり建築にこだわり過ぎ。かつ、それでも主要作品は押さえる。

文化・風俗・建築・風土・芸術・人全てを同列で見る」である。



その中でもし建築雑誌に載るような現代建築を見たときどのような感動が自然に自分にこみ上げてくるのかが楽しみだった。

正直シグナルボックスは感動とかには無縁で印象としては「ここにコレがある。」といったぐらいであったような。

意外だったのが、マリオボッタ。もともとボッタ氏のイメージは手堅い大御所といったものしか知識としては持ち合わせていなかったのだが、素直に美しい建物だと感じた。

さすがの大御所か。

しかしまあ、ヘルツオーク&ドムーロンに関していえば東京のプラダ青山で衝撃を受けたのは事実。

思うにヘルツォーク&ドムーロンの作品の印象は洗練されたデザインで日本の流行の建築家やデザイナーも良く参考にし真似をし、東京や大阪といった主要都市でも「エセ」に出会いやすいのに対して、ボッタ氏の作品様式はまず日本でお目にかかることの出来ないような作品であるからであろう。

多分外国の建築家が安藤氏を評価するのはそれに近い感覚であるのではなかろうか。彼の作品は彼独自の世界観と日本の施工者技術の高さによるところも大きいと思われる。


      ミニトラブル
 空港から市内に電車で移動する際に降りる駅を間違う。だってまだ時刻表の使い方も分からない状態だから・・・。人に聞きまくりました。
     
 ちなみにチューリッヒで初めて外貨を使った。(シンガポール空港では使う勇気が無かったもので・・・。)初めて買ったもの・・・それは・・・ビール。これ以降、僕の旅における体を動かすガソリンはビールかワインです。それとタバコ。
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/3-072c1f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。