ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その2・「with Chairs〜ウィズ・チェアーズ展」

20070902233453.jpg


渋谷は西武百貨店の催事場で9月13日まで開催しています。

一般は500円です♪


関西から東京に移ってきて、その恩恵をうけたということの一つに

美術館・展覧会・その他イベント事がメチャ多い!

ということが一つあります。

まぁその逆が

安くて美味い店が少ない!

ということなんですけれどw
※もっとも美味しい店は凄く多いです♪自分の中でランキングは目まぐるしく代わってます^^


では本題です。


見てきたわけですが




まず・・・・



まず・・・・一言・・・・



言いたいことは・・・



椅子に座らせてくれ!
建築家、彫刻家、家具デザイナー等々の高名なデザイナーにより手がけられた椅子が100点解説つきで展示されています♪


僕が滞在していた時間が2時間程で、隅々まで堪能できたので、鑑賞のコストパフォーマンスがよく、また、内容もよいのでデートにもオススメだと思いますね。



よくよく“椅子”を見ていて感じさせられることは

“椅子”ってのは彫刻と建築のボーダーラインに存在できるのだなぁ

といこと。

なにせ、椅子ってのは極論的には座ることが出来れば良いわけですからね。

見ていて「うわー!!!スゲェかっこいいぞ!この椅子!」

って思いながらも、自宅で自分用に椅子をデザインすることを考えれば

「このデザインは無いよなぁ~w」

と思うわけです。

でも、椅子は座ることが出来るならば、やはり“椅子”。


アイデアがそのまま現物で出来上がる様はアンビルトアーキテクチュア(※空想上の建物)よりもはるかに魅力を感じるジャンルであるかもしれません♪


ちなみに本日一番気に入った椅子は日本を代表するデザイナーであった
故・倉俣史朗氏の

↓コレ20070903011233.jpg

名称:ハウ・ハイ・ザ・ムーン

この椅子は金属メッシュで構成されているんですけれど、透明感とモアレで椅子の存在感を表現していることが端的にいうとその特徴なんですけれど

エークセレンッッ!

モアレを利用したデザインが椅子の存在感をあいまいに感じさせる不思議な感覚にさせます。

また不思議なことに、ガラスやアクリルといった透明素材で構成された椅子よりも、はるかにその存在感が曖昧に感じます!

このモアレって当然確信犯的に取り入れられているんでしょうけど、いやはや天才・・・。


※これ見て思ったんですけど、名古屋のヴィトンの設計をした青木氏のモチーフってコレだったりして・・・・・。と思わせるくらいにこの、時代にこのデザインがあったことが衝撃。いかに自分の勉強が足りていなかったのかを思い知りました。設計年は1986年です。

ちなみにレプリカのお値段66万円。

いざとなれば、自分で作るしかないようですw



この展覧会開催期間が今月中までなので、興味ある方はお早めにお願いします♪



※余談

冒頭にも書きましたけど、「椅子には座らせて欲しかった。」w
せめてレプリカについては・・・
いや、レプリカでも平均50万円OVERというのはわかるのですが、それでも・・・それでも・・・・・。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/325-0d2fec6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。