ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レヴュー “黒い家”

読んだよ・・・読んだよ・・・

読みましたよ!!!
※遅い!というツッコミは甘んじて受けますw

黒い家  貴志 祐介
黒い家


(「BOOK」データベースより)


若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。




貴志 祐介が面白い、という話は色々聞いているんですけど、読み始めるなら“黒い家”から!!

と、心に決めていた“ナカのイチ”。


何年越しやねん!!と自分に突っ込みながら読み終えた・・・・

怖すぎて、途中で本を置けなかった

この気持ちわかりますか??


読み始めたのが22時くらいだったんですね。



深夜2時くらいに、しおりを挟んで寝ようと計画していたんですけど、本を置くには、怖すぎるとこまできてしまい、結局ハッピーエンドを期待して読みきることを決意したあの日の夜。


この手の本にありがちですが、完全ハッピーエンドにはならないけれど、チョッとジョークの聞いたエンディングでした♪


思うに、恐怖の演出において主人公の“ミス”って非常に重要だと思いました。


読みながら、主人行為に対して

「えぇ・・・そこで踏み込んだらあかんのちゃうん!?」

「えぇ・・・お前の行動まずいって!もし、犯人が○○やったら・・・お前・・・逆に・・・・」

「えぇ・・・そんなんしている暇ないって自分で自覚してるなら・・・・」

「やばいって!今何か手を打たんとあかんのちゃうん!?」

結局自分から“黒い家”を取り巻く“恐怖”の渦巻きに落ちていく様に見える主人公のもどかしさが大いに恐怖を増長させ

あまりのもどかしさに、おかげで読んでいるコッチも無理矢理足をつかまれて海底に引きずりこまれる感覚に襲われます。


真ん中を越えたあとはジェットコースターのように読めてしまう小説です。

表現の中で秀逸だったのが、四白眼で包丁持って ってところ。
↓おそらくこんな目なんでしょうね
dog.jpg



絡め手、絡め手が怖すぎでした。

あんな化け物(人間)に狙われたら確かに、人が死なない解決なんてありえないような・・・
※ストーカーとかにも通じますよね・・・







スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/360-7acd136b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。