ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ミスト” のレビュー (映画感想)

ミスト


原作:スティーブン・キング
監督:フランク・ダラボン



噂は噂通りだった。

この映画のラストは衝撃すぎる。


簡単に紹介


 アメリカメイン州西部が舞台。湖のほとりにある一軒家にてデヴィッド一家が激しすぎる嵐の後、水面の奥に見える山々から迫り来る霧を目撃するのが全ての始まり。
 壊れた家の修繕ならびに食料の買出しにスーパーマーケットに買出しに行くデヴィッド父子だが、同じく嵐後に買出しにきた町の住民大勢ともども、町全体を飲み込んだ霧にスーパーに閉じ込められる。
 霧はただの“霧”では無く“異形の霧”であり、霧とその中の異形の存在により消えていく人々。そして救いの無い限定空間で徐々に歪みはじめる人間の心理。
 全ての先・・・・死の先、恐怖の先、裏切りの先、信頼の先・・・・・

先の先に行き着く物語の最後に待ち受ける、極限のラスト。

誰が何を責められようか、それは結果でしか分らない。



と書いてしまいましたがいかがでしょうか?





ちなみに、この映画、大変良かった。まず“映画代を損した”なんて気持ちはおきないかと。
しかし重いぞ~・・・・・特にラスト!! という感じです。




映画のジャンルはモンスター系ホラーなんですけれど、これが実際は“”といってもいいくらい内容は“サスペンス”。

印象としては、楳図 かずお氏の“漂流教室”を読んだ後の感じに似ているかも。



ともかく今回の映画で重要なのは“歪む群集心理”



そして重要なファクターは

“限定された救いの無い空間”




これに尽きる。

だから、周りの理由なんて実際なんでも良くて、説明無くても良いくらい。

映画の途中で若い軍人さんが霧の正体らしきことを語っていたけど、おそらくアレを聞いていた観客全員「なんじゃそら??」と思ったかもしれないです。

が、アレでいいんです。

若しくは理由が無くてもかまわない。


外に出られぬ理由をつくり出して、閉じ込めた群集の中に、凄く真っ当な人達とカリスマ性のある狂人と、弱い人、チョイヤバな人達で埋め尽くした空間を用意すれば良いだけといった構図。

だから見た目の残酷な描写に目が行くものの、その群集心理が恐怖の主眼です。
でも、異形ホラーの描写にも手を抜いていないところが、この映画の凄いところ。
※だって横の老夫婦の夫人が『うわぁ・・・・・・』ってうめいていましたからw

狂人の気持ちは分らないが、その他の人々の気持ちや選択は良く理解できるし、また誰にも共感できる(※もちろん狂人を除く)。

一番最初にスーパーを出た女性の気持ちもよく分かる。弁護士の気持ちもわかる。主人公の行動も理解できる。

誰が正しい選択かは分らない。死なないという結果でしか証明にならない。

おそらく、主人公の行動が一番正しいのかもしれない。

でも結果でしか証明にならない。


最後に用意されたラスト。これが凄まじい。



アレを最後に見たら

もしかしたらスーパーに残された人達も・・・・・とか思ってしまうわけですよ!!


エンドロールを最後まで見た人、気が付きましたか???

僕的には思ってしまったのですよ。あのヘリコや戦車や車の音。

アレは、もちろん残されたアノ人がそのまま聞きつづけた音だったのではないでしょうか???




余談

キングのこの作品は未読の“ナカのイチ”ですが、原作とラストが違うようです。監督がラストを変更することをキング氏に打診したところ快くOK。でキング氏曰く『なんで俺、このラスト浮かばなかったんだろう・・・』とか




























スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

公開即レビューに感動しました!

先日やさぐれーずでもこの映画が話題になり、
だいぶ怖そうやな~・・・って言ってたところです。
そういえば最近スティーブン・キングの
「怖い方」の作品って、映画化されていませんでしたね。
レビューを拝読してますます楽しみになりましたv-354

そんな気持ちをラップにすると・・・
♪ミストやで ミスドちゃうで ワレ 
(大汗)


重い けど オススメ♪

いつもコメント有難う御座います“はてるま”様^^

怖い といえば 怖い

ですが正確には 暗い 映画です。
そしてラストは・・・・。
見終わってから色々と考えさせられる映画でした。
“果たして自分ならどういう選択をしていたのであろうか” と。

“ワレ”を使ってしまいましたねww

ミスト見た俺まさにノー・ミス DA・ワレ♪

これはかなり無茶ですねw

じゃあ

じゃあ見てみようかなーw

見ないどこーかなーw

MA・SA・KA

まさか!?の“ねの”サンでしょうか????

コメントどうも有難う御座います^^

オススメ云々は置いておき、後押しするなら

是非見て下さい!

後味の悪さは最強レベルであるかもしれないんですけど、ガッツリ見せてくれる個人的には久々の良作でありました♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/374-ec82ebf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミスト

霧の中にいるものは・・・ギャー!!! でした ミスト。 激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に濃い霧が発生した。映画ポスター画家のデイヴィッド(トーマス・ジェーン)は不安に駆られながら、息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)を連れ、隣人の弁護士ノー...

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。