ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『WORLD SKA SYMPHONY (東京スカパラダイスオーケストラ)』と『君と僕 2010』

ラジオを何気なく聞いていたところ、心が久しぶりにざわついた曲があったんです。

「どうやら歌っているのは斉藤和義らしいけど・・・」

と思いながらも、
「こんな曲あったっけかな?」
と思いながらも、

なんとなく
「この曲は買わないといけないんじゃないか?」
「たとえ今すぐじゃなくても、いつかは買う日がくるかも!」

と思わずにいれなかったので、
アーティスト名と曲名を聞きのがさないように、しばしの集中。

曲名は『君と僕 2010』
アーティストは『東京スカパラダイスオーケストラ』

ネットで検索したところ、ボーカルは斉藤和義さんを起用していて、
収録アルバムは『WORLD SKA SYMPHONY 』で、
発売が3月10日のホカホカ状態


久しぶりに目的を持ってレコードショップに行って、買いました。

sukapara.jpg

よくよく調べてみたんですけど、この『君と僕』という曲自体はスカパラの1stアルバム(1990年発売)の最後に収録されている曲でした。

なんと20年前。

当時の音源を探していてわかったんですけど、もともとはアコーディオンと口笛だけで演奏されていた曲だったんですね。

で、おそらく記憶違いかもしれないけど、何かのCMソングになってたのでは!?


この曲。
とにかくメロディーラインが美しいんです。
出だしの

『揺れてた心に』

というフレーズから歌の間に入る口笛のパートも、そう。
そして再び歌の

『遥か遠くまで歩いてきただけ』 ←泣きそう!

という部分にまでメロディーの“無駄”が無いんですね。

曲調の美しさもさることながら、20年前の曲をリメイクするという行為もかんがみて、おそらくスカパラさんの曲の中でも、かなり特別な思い入れのある曲なんだろうなぁ・・・と感じずにいられないです。


たぶん当時は僕10歳くらいだったんですけど、幼心に「なんか良い曲」っていう印象も残っていたのかもしれないですね。



たまたまラジオ聞いていなかったら、この曲の存在の存在ずっと知らなかったんだろうな・・・と思うと、
少しゾッとする反面、わかって良かったという素直に嬉しい。


同アルバムには奥田民生さんボーカルの『流星とバラード』があって、これもすごく良い曲だけど、民生ボーカルは前の『美しく燃える森』が神曲だったので、それと比較したら後述の方が上かも。
でも、もちろん良いですよ。

あと、クリスタル・ケイの歌う『ずっと』も良い曲だなぁ。




だけど、今作のアルバムの一番は『君と僕2010』だ!・・・と個人的には思っています。

なんかこの曲ばかり聴いてます^^







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/474-4a4bb743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。