ナカのイチの、ミシンの煙

“ナカのイチ”がヨーロッパ旅行を機に立ち上げたブログ。旅行初心者の方にとって分かりやすい資料になればな~という軽い気持ちのスタートです。お目汚しですがご寵愛ください。他に建物、漫画、映画、怪談(?)など

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.5/1 カンボジア(二日目)『タ・プローム、プレ・ループ他』



先に言っておくと、今日のエピソードのメインディッシュは『プレ・ループ(遺跡)』と『チュナンダイ(晩飯の料理)』です。

最初の難関を突破せよ
つまり、今日の移動の足はどうしようかということである。
どうしようかとは、「また交渉して、乗らないといけない~(汗)」と言った軟弱な理由を指しているのではなく、「一昨日のバイタクの兄ちゃん来てたら、昨日のドライバー事わらないといけないし、あぁ!!!気を使う!!!!!!」という情けない悩みを指しているのである。

ホテルを10時発。飯は食った。昨日は西洋だったから今日はカンボジア伝統朝食。相変わらず量
多いし旨いし、ここのホテルは信用できるな~。

もとい、10時発。
先ず最初に来たのは、昨日のドライバー。「ヘイ!ダンナ!アッシです!!」な感じで来た。
次に来たのは・・・来たのは・・え~と、、来たのは~・・・・
来なかった。
実は、今日一日の最後に一昨日のバイタクの兄ちゃんからメールが入っていたのだが、曰く
「昼の2時にメールみてあわててホテルに行ったが当然いなかった。。。本当に後悔している。。。ホテル前に止まっている他のドライバーい聞いたら、別のドライバーに乗って行ったとか。。。最終日、空港までの運賃唯にするから使ってくれ!たのむ!」
という切実なメールがありまして、ただ正直、これ以上気を使いながら旅行を続けるのも御免なので、次のように返したら返事はその後来なかった。
「俺からのメールもネットのフリースポットが出来る場所からじゃないと使えなくて、即座にメール見れなくてゴメン!今日、君に会えなかったので、他のドライバーを実は雇うことにしたんだよ。電話が出来たら電話したんだけど、俺の携帯、海外で使えなくて。。。(本当は使えるけど、料金高いので緊急時以外使わないつもりなので、そう言った。あと英語で電話する自信なし)。すまないと思うけど、今後は別のお客を探してくれ。。。」

仕切りなおして
出発である。とりあえず昨日と同じドライバーなので気が楽なのである。同じ人間を雇えば、①信頼関係が出来るし、②その場限りじゃないので相手も誠実に対応するという利点がある。
注意すべきは初日にボラれないこと。次の日は値段下げろとか言いにくい。

さて、昨夜の神のお告げにより決めた場所は、 『タ・プローム』 。ここは宮崎アニメのラピュタのモデルになった場所の“ひとつ”と言われている。現地の物売りが「らぴゅた~」とか言って来そうな予感がする。
で、その後、王の水場、『スラ・スラン』を見て『プレ・ループ』、『プリア・カン』に行こうかなと、なんとなく。
※じつはなんとなくで選んだ今回があったおかげで、次の日からの旅の仕方が、また変わったりしたのである。詳細はまた、後ほど
もっとも最初に運ちゃんに言うのは、『タ・プローム』だけ。予定は俺が現地で都度修正しながら決めるのだ!!

タ・プローム
アンコールワットの“お堀”を右回りに迂回してトゥクトゥクは走る。僕らを乗せて。というか俺を乗せて。森の中へ。
市街地を抜けた森の中の道を走るときのトゥクトゥクは最高である。初日にバイタクに乗ったが、一度トゥクトゥクになれてしまうと、もう今更バイタクなんかには戻れないくらい快適である。風も感じれるし、乗りながらビールも飲めるし、写真も撮れる。よほど旅費を節約したいならともかく、予算範囲内で収まるなら絶対にトゥクトゥクでしょう。あと、今回レンタルサイクルはしてないけど、自転車もいいかもね。
後程訪れるであろう、スラスランを横目にタ・プロームに向けて進み、乗ること40分くらいかな?着きました。タ・プローム。

ラピュタだ何だのという、“お話”は割りとどうでも良くて、要はそこで俺が何を“感じ取れるか”が重要であるなと、旅をするたびに常々思っとります。
で、ここの遺跡だけどさすがに、建物に入る前の、正面に立っただけでも、昨日見た遺跡とは何かが違う。
感じる。。。ヒリヒリと感じる。。。
というかむしろ見えるのである(笑)遺跡の外から、遺跡の中からニョキニョキと生えている30m程の高さのある樹木がです。

3時間くらい散策です。しかしここも有名遺跡だけあって観光客もまた多いです。広大なアンコールワットと違い、遺跡は比較的に小さいものだから、人口密度は多いです。
表現としては、“遺跡が木に食われている”といった雰囲気。まさに「ラピュタ」(言ってもうた・・・)。
あと、遺跡からヒョコッと生えている、高さ30cmくらいの若い木。これも数十年後か数百年後かに遺跡を飲み込む木々の予備軍なんだなあと思うと、なんか凄い。
植物っていうか、木って生き物なんだなと、普段実感しないことを特に実感します。なんていうか、そんなの当然なんだけど、驚きを伴って実感するというか。意思を持っているんじゃないでしょうか?いや、絶対持っている!ネイチャーかぶれしてない俺が思うくらいです^^
ここでも、ツアーガイドが行かないところも含めて、しゃぶりつくすように遺跡を散策できました。つくづくツアー参加じゃなくて正解だったと。

昼飯食って
ビールとあと、焼き飯だったかな。

スラスラン
実はかなり良かった。
俺が好きな空間です。王様の水浴び場所として作られた池なんだけど、良いです。広いです。かなり好き。時間が許すならいつまでも居たい感じ。もうここに訪れるなら二択しかないです。
①のんびり池のほとりで昼寝したり、サンドイッチ食べたり。とにかく時間をむさぼりたい。
②さっさと見るだけ見て次に移動
ちなみに一押ししていた俺の選択は②です。なにせ見る対象のものが「池」なのでそれ以上に見るものがないわけです。時間があれば①なんだけどな~。
あと、プラサット・バッチュムもすぐ傍にあるので見に行ったけど、まああまり特筆すべきではなにので割愛ね。

もう一つの出会い
お土産屋さんの女の子が俺に腕輪をくれた。木で編んだヤツだけど。で、
「これ唯であげるから、スラスラン見た後に私の店によってね♪」
という感じです。
俺「特に買いたいものないから、多分買わないよ。それでもいいの?」って聞くが良いのだと。
でスラスランを見たあとで、約束どおり、というか目ざとく見つけられてお店に連れて行かれた俺なのです。旅行前に知人からシルクのお土産をお願いされていたのを思い出して、じゃあ義理もあることだし、買うならココで買おうと、まあ金額交渉しながら買いましたよ俺。
で、何と出会ったかというと、実はこの腕輪が大層良かった。これの出来栄えの良さに後に気づいたんだけど、とき既に遅しで、同じようなものは数あれど、この時もらったものほどクオリティー高いものは結局買えなかったんです。手工業で作るものだから、職人の腕に左右されるんだろうね。おそらく、そこのお店で扱っている腕輪はいい職人が作っているんだろうな。と、後で気づくわけなんですよ!!くそ~。でも出会えただけで良しとしましょう♪

本日のメインその1「プレ・ループ」
スラスランからトゥクトゥクでおそらく15分くらいだったかな。
良かったんですよね。ここ。ピラミッド状の建物なんで、上に登っていかないと行けないんだけど、そこからの景色が絶景なんです。ジャングルの中にある遺跡だから、周りのジャングルを高台から一望できるわけなんですよ。いや~絶景かな、絶景かな。
ここも時間が許される限りいつまでも居たい場所。2時間くらいいたけど、ほとんどはガイドブックなぞめくりながらボーっとジャングル眺めてました。たぶんこの時、あまりにも頭を使わなかったので、少々脳みその皺がなくなり、ツルツルになったんじゃなかろうか。
気に入りすぎたので“プレループちゃん”と呼ぶことにした。

DAIGOさん
大誤算ですよ。ちなみにDAIGOさんに会ったわけではない。
本当は、もっとプレ・ループに居たかった。夕日をココで見れたらどんなに素晴らしかろうかとか考えていた。でも、なんとか回りきれるうちに遺跡は回らねばと、重い腰を上げて、遺跡を出たわけなんです。でドライバーにのん気に言ったのさ。
俺「プリアカンが見たいな~的なみたいな^^」
ドライバー「だ・・・だんな!!!無理です!!!それ無理です!!!!」
狼狽しながら俺「な、、、、何故なんだい????」
ドライバー「ここからならかなり遠い!遺跡見る時間が無いっつーの!!」
オーマイガッ!アンビリーバボーッ!
しまった~・・・それならもうちょいプレループ。いや、プレループちゃんでボーっとしてても良かった~。でもいったん降りると戻る気持ちも半減してしまい、じゃあ・・・ということで近場の遺跡「プラサットクラヴァン」へ行くことにした。ちなみにソコは俺的にイマイチだったのである。というわけで、本日の遺跡めぐりのたびは午後4時に終了でおます。

本日のメインその2「チュナンダイ」
遺跡めぐりのラストはちょっと尻すぼみだったけど、逆に考えればその分、市内散策の体力と時間が有り余るわけです。昨日の飯がイマイチだったこともあり、今日はきっちり本を調べて、俺はチュナンダイという現地の鍋料理を食うことにしたのである。
街も適当に散策し、飯の時間に言ったのは「スープドラゴン」という現地の有名店。
2階席に案内してもらい、早速注文
俺「チュナンダイが食べたいんだけど、メニューの何処見れば良いの??」
やたら愛嬌の良いお兄ちゃんが教えてくれる。しかしカンボジアは本当に若い人が働いているんです。ホテルもしかり、レストランしかり。おそらく暗黒のポルポト時代の影響だと思う。少し考えさせられる。
さておき、注文したんだけど、まさかと思ったけど、小を頼んだのに係らず、どう考えても量は2人前(笑)鍋料理だしね~^^
食べ方はわからないので、お店のスタッフに聞きながらなんですけど、うんまーい!
ちゃんと、鍋です。予想以上に鍋です。レモングラスとか香草バリバリ入ってますとかではなく、鍋です。しかも良いお出汁でてます。よし!これしきの量、食いきってやるわ!!!!
で、結果はギブアップ。
最後の締めも量多すぎっす(言い訳)。でも旨かった。毎日食べても良いくらいです。

毎度毎度ビールを飲んでふらふらとホテルへ戻る。ホテルの飯もおいしいからまた食いたいな~と思うけど、ホテル飯はラストナイトにしよう。

そして反省
どう考えても、俺の遺跡めぐりルートが悪かったことにつきる。そもそもそうなる可能性も大いにあったわけである。なにせ遺跡ごとに次の遺跡を決めていた節もあるから(大きくは事前に決めているけど、あまりに一つの遺跡に長くいたりしたら、いろいろ時間調整して都度変更したりしてました。)。
まあ前向きにアホっぽく考えて、「二日目にして気づいてラッキー!」と思うことにした。

そして、う~ん・・・と脳みそツルツルになった頭で考えた結果、ドライバーは最終日まで雇うわけだし、これはその都度その日の予定を言うのではなく、残り三日間で訪れたい遺跡を全てリストアップして、一番無理のない日程で周れるように、ドライバーに相談してみよう!という結論になった。俺は頭が良い(アホです)。
で、いろいろプランを練れば練るほど、「なんか見たい遺跡全て周るの無理かも・・・・」と少し絶望した気分になってきた。。。あぁ。。。うう。。明日、無理って言われたら嫌だなぁぁぁぁ。。。。と、悶々とした気持ちで今日は俺寝ます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hhhiro6382.blog73.fc2.com/tb.php/509-3196ef45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

フリーエリア

プロフィール

ナカのイチ

Author:ナカのイチ
インドアであったりアウトドアであったりといった感じですが基本はインドア派なのでしょう。無駄に街を散歩するのは好きです。
そんなA型、しし座、の日本男児。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。